枝豆で美肌に!効果や効能と簡単なレシピを紹介!

美容
スポンサーリンク

枝豆にはカロテンやタンパク質といった美肌に良い成分が多く含まれています。枝豆の効果や効能と枝豆を簡単に使ったレシピを紹介しているのでぜひ参考にしてください。枝豆を毎日食べて美肌になりましょう。

スポンサーリンク

枝豆の効果・効能

カロテンとタンパク質で美肌に

枝豆に含まれているカロテンとタンパク質には美肌効果があります。カロテンは肌を健康にする効果があるので肌荒れを予防してくれます。また、タンパク質は肌の組織を作るのに欠かせない栄養で、欠乏してしまうと肌荒れを引き起こしやすくなってしまうのです。枝豆をたべてカロテンとタンパク質を補いましょう。

メチオニンが肝臓を健康に

枝豆に含まれているメチオニンには肝機能を助ける効果があります。特に、アルコールの分解を助けるので、二日酔いや飲み過ぎてしまった時におすすめです。お酒のおつまみとして枝豆をたべて肝臓を助けましょう。

枝豆のおすすめ簡単レシピ

枝豆のピリ辛漬け

枝豆を茹でてタレに漬けておくだけでワンランク上の味になります。普通に枝豆を茹でて漬けるとできあがるので簡単に作ることができます。少し辛めに作るとお酒のあてにもぴったりですよ。枝豆を茹でた半分を塩で半分をこのピリ辛にするとそれぞれ楽しめるのでおすすめです。

材料

  • 枝豆 200g
  • 塩 適量
  • 醤油 大さじ3
  • ごま 大さじ1
  • 鷹の爪 1本
  • ごま油 大さじ1

作り方

  1. 枝豆を洗った塩を揉み込み5分ほど置いておきます。
  2. 枝豆を置いている間に鍋にお湯をわかります。
  3. お湯が沸いたら枝豆を入れて4分程度茹でます。
  4. 枝豆が茹で上がったらお湯から上げて水気を切ります。
  5. 鷹の爪を輪切りにして種を取り除きます。
  6. ボウルに醤油とごまと鷹の爪とごま油を合わせます。
  7. ボウルの中に水気の切れた枝豆を入れてよく混ぜます。
  8. 味が馴染んだら完成です。

ワンポイントアドバイス

より辛い枝豆を作りたい場合はあらかじめタレを作っておき、鷹の爪を浸しておくと良いですよ。時間が長いほど辛味成分が出てきます。また、種を完全に取り除かずに残しておくと一層辛くなります。自分の好みで調節してください。

ツナと枝豆のサラダ

このサラダは枝豆とツナだけでできるシンプルで美味しいサラダです。マヨネーズで和えることでツナと枝豆の味が馴染みます。そのまま食べても美味しいですし、ご飯に乗せてツナマヨのように食べるのもおすすめです。醤油を少し垂らすことでご飯と相性抜群のおかずになります。

材料

  • 枝豆 200g
  • 塩 適量
  • ツナ缶 1個
  • マヨネーズ 大さじ1
  • 胡椒 少々
  • 醤油 お好みで

作り方

  1. 枝豆を洗ったら塩もみして置いておきます。
  2. お湯を沸かして枝豆を茹でます。
  3. 4分程度茹で枝豆が茹で上がっていたらお湯から上げます。
  4. お湯から上げたらボウルに枝豆を殻から外して出していきます。
  5. 200g分の枝豆を殻から外したら、ツナ缶を開けて油を切ります。
  6. ボウルにツナ缶を入れてマヨネーズと胡椒を入れて混ぜたら完成です。
  7. ご飯のおかずにしたい人は醤油を少し入れるのがおすすめですよ。

ワンポイントアドバイス

ツナ缶の油を完全に切らずに少し残しておくと全体がよくまとまるのでおすすめです。しかし、油を残しすぎると油臭くて美味しくないので、全体が軽く湿っている程度にしてください。

まとめ

えだまめで美肌に

枝豆にはタンパク質やカロテンが豊富で美肌に効果的です。また、肝臓に良いメチオニンも含まれているのでお酒のおつまみとして食べるのがおすすめです。枝豆は調理も簡単でアレンジが効くので積極的に手に取ると良いですよ。枝豆は夏場以外はあまり売られていませんが冷凍のものであれば年中買うことができます。冷凍のもので十分代用できるので試してみてください。枝豆を食べて美肌になりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました