れんこんで美肌に!効果や効能と簡単なレシピを紹介!

食事
スポンサーリンク

れんこんにはミネラルやビタミンCといった美肌に良い成分が多く含まれています。れんこんの効果や効能とれんこんを簡単に使ったレシピを紹介しているのでぜひ参考にしてください。れんこんを毎日食べて美肌になりましょう。

スポンサーリンク

れんこんの効果・効能

ビタミンCで美肌に

れんこんに多く含まれているビタミンCには美肌の効果があります。疲労回復やアンチエイジングの効果もあるので肌の健康に適している根菜です。食物繊維も含まれているので腸内環境を整えてくれます。そのため、肌が荒れるのを防ぐ効果があります。

ミネラルでむくみや健康の改善

れんこんにはミネラルが多く含まれています。特にカリウムには体内の塩分濃度を調節する機能がありむくみを改善してくれますよ。高血圧を予防して生活習慣病を防ぐのにつながります。日頃から運動が足りていないという人はぜひれんこんを食べてください。

れんこんのおすすめ簡単レシピ

れんこんのピリ辛炒め

れんこんをピリ辛に炒めることでご飯のおかずにもなるおかずになります。れんこんがあまり好きではない人でも食べやすい味付けです。タレを合わせて焼くだけなので、簡単に作ることができます。サラダの他にさや位を作ったおかずが欲しいときにぜひ作ってください。

材料

  • れんこん 1節
  • 酒 大さじ2
  • 醤油 大さじ 2
  • 鷹の爪 2本
  • ごま油 適量
  • ネギ(白い部分) 4cm

作り方

  1. れんこんの皮をむいて1cm程度に半月切りにします。
  2. ボウルに水を入れてれんこん入れてあくを抜きます。
  3. 鷹の爪を輪切りにして種を取り除きます。
  4. 酒と醤油と鷹の爪を合わせておきます。
  5. ネギを細く切って水にさらし白髪ねぎを作っておきます。
  6. フライパンにごま油を入れてレンコンを焼きます。
  7. 両面に焼き色がついたら5のタレを入れて煮詰めます。
  8. タレをよく絡めたら完成です。

ワンポイントアドバイス

れんこんはアクが強いのでしっかりとあくを取ることが大切です。焼く前に水にさらしてアクを抜きましょう。辛さを足したい人は鷹の爪の種をとりきらずに少し残しておくとより辛くなります。

れんこんのはさみ焼き

れんこんのはさみ焼きはひき肉を挟んで焼くので、子供でも食べやすい味付けです。豚肉や鶏肉など好きなひき肉で作ることができます。豚肉だとジューシーな仕上がりに、鶏肉だと淡白で食べやすい仕上がりになりますよ。夕ご飯やお弁当の主催にぴったりです。簡単に作れるので是非作ってみてください。

材料

  • れんこん 1節
  • ひき肉 300g
  • 塩 3g
  • 生姜 小さじ1
  • 酒 大さじ3
  • 醤油 大さじ3
  • 砂糖 大さじ 2
  • ごま油 適量

作り方

  1. ひき肉をボウルに入れて手で練って粘り気を出しておきます。
  2. レンコンを3mmの厚さに切って水にさらしてあくを抜きます。
  3. ひき肉に塩と生姜を入れて混ぜ合わせます。
  4. れんこんの水気をよく切りひき肉を挟みます。
  5. フライパンにごま油を敷いて熱します。
  6. れんこんを並べて焼いていきます。
  7. 片面にこげ色がついたらひっくり返してまた焦げ目がつけるまで焼きます。
  8. 両面に焼き色がついたら酒と醤油と砂糖をいれて煮詰めていきます。
  9. タレを絡めつつ見つめたら完成です。

ワンポイントアドバイス

れんこんを焼きすぎてしまうと食感が損なわれてしまうので注意が必要です。中火で短時間で火を入れるようにしましょう。薄く作ることで中まで火が通りやすく、れんこんの食感を維持しやすいです。

まとめ

れんこんで美肌に

れんこんにふくまれているビタミンCやミネラルには美肌の効果があります。多くは含まれていませんが食物繊維も含まれているので腸内環境を整えてくれる効果もありますよ。れんこんはずっしりとしていて食べ応えがあるのでおかずに最適です。れんこんをたべて美肌になりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました