ほうれん草で美肌に!効果や効能と簡単なレシピを紹介!

美容
スポンサーリンク

ほうれん草にはカロテンやビタミンC、Eといった美肌に良い成分が多く含まれています。ほうれん草の効果や効能とほうれん草を簡単に使ったレシピを紹介しているのでぜひ参考にしてください。ほうれん草を毎日食べて美肌になりましょう。

スポンサーリンク

ほうれん草の効果・効能

ほうれん草の効果・効能

カロテンとビタミンで美肌に

ほうれん草にはカロテンやビタミンといった美肌に良い栄養が多く含まれています。特にカロテンは非常に多く含まれていて、髪や肌の健康を保ち荒れるのを防ぐのです。また、ビタミンCやビタミンEが多く含まれていて肌の状態やハリなどを改善してくれます。

豊富なミネラルで生活習慣病の予防

ほうれん草にはミネラルが豊富に含まれているので、体の調子を保ち生活習慣病を予防する効果があります。特に、カリウムはむくみを改善する効果もあるので美容に効果的です。カルシウムや鉄分やリンなども豊富で不足しがちなミネラルを幅広く補うことができます。ほうれん草を食事に取り入れてミネラル不足を改善しましょう。

ほうれん草のおすすめ簡単レシピ

ほうれん草のおすすめ簡単レシピ

ほうれん草のバターソテー

ほうれん草のバターソテーはフライパン1つで作るので、栄養が逃げることがないのでほうれん草の栄養を余すことなく摂ることができます。調理も非常に簡単なので、料理初心者の方にもおすすめです。

材料

  • ほうれん草 2束
  • バター 5g
  • ベーコン30g
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々

作り方

  1. ほうれん草を5cm幅に切ります。ベーコンも大きさを合わせて切ります。
  2. フライパンを熱してバターを入れたらすぐにほうれん草とベーコンを入れます。
  3. 焦げないようにしっかりとゆすってください。
  4. ほうれん草がシナっとしてきたら塩と胡椒で味を整えて完成です。

ワンポイントアドバイス

このレシピでも十分美味しいのですが、お好みできのこ類を入れると旨味が足されてより美味しくなります。使うきのこはしめじがおすすめです。しめじを入れる場合は一口大にしたらほうれん草やベーコンと同じタイミングで入れましょう。

ほうれん草のおひたし

ほうれん草のおひたしは簡単に作れるうえにいろどりが綺麗なのでおすすめです。茹でると多少の栄養がほうれん草から逃げてしまいますが、十分に栄養を摂ることができます。5分程度で作ることができるので、食事に1品追加したいというときにおすすめのおかずです。

材料

  • ほうれん草 2束
  • 昆布つゆ 適量
  • 鰹節 適量
  • 氷水

作り方

  1. ほうれん草を軽く洗います。
  2. なべにお湯をわかして塩を少し入れておきます。
  3. お湯が沸いたらほうれん草を入れて30秒程度茹でます。色が変わってきたらあげてください。
  4. 茹でている間にボウルに氷水を入れておきます。
  5. ほうれん草が茹で上がったら氷水につけます。
  6. ほうれん草が冷えたら手でしっかりとほうれん草を絞って水を切ります。
  7. 水を切ったら3cm幅に切って容器に盛ります。
  8. 上から昆布つゆをかけて、最後に鰹節をふったら完成です。

ワンポイントアドバイス

ほうれん草を茹でるときには注意が必要です。ほうれん草は茹ですぎると栄養が逃げていってしまうので、色が変わったらすぐに上げて氷水に入れてください。急速に冷やすことで、綺麗な緑色になります。また、冷やした後にしっかりと水気を切ることが大切です。水気が残っていると昆布つゆが薄まってしまい美味しくなくなってしまいます。

まとめ

ほうれん草で美肌に

ほうれん草に含まれているカロテンやビタミンには美肌の効果があります。また、ほうれん草にはミネラルも豊富に含まれているので健康にも非常に良い野菜です。ここで紹介したレシピはどれも簡単に作れるのでぜひ試してみてください。ほうれん草は色が綺麗なので、食卓に1品足したいというときにおすすめですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました