三十にして立つ!?三十路女の身体造りへの挑戦〜全7回〜 第1話

コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク

第一話「プロローグ的なやつ」

TOREJOをご覧のみなさん、はじめまして。lotusです。
新潟市在住の彼氏なし仕事多め、人生ハードモードに突入中の30歳独女です。

この時点で「設定が微妙すぎて参考にならねぇ」と思ってしまった貴女、すぐに戻るボタンを押してもっとキレイ目な記事にジャンプすることをおススメします。。。

この度、TOREJOでちょっとした連載コラムを書かせて頂くことになりました。コラムと呼べるほど読み応えがあるかも怪しいし、なにぶん文書力も教養も持ち合わせておりませんが。。。頑張ってみたいと思います。

まずは初回ということで私の基本属性と、トレーニングを始めるきっかけなどを知ってもらえればと思います。

■lotus
性別:女性
身長:160cm
体重:50.2kg(まぁ実物見せるわけじゃないし…ええか…)
職業:会社員(正社員、事務員)
趣味:バスケットボール(ゴリゴリのプレイヤーでした)、アウトドア、飲酒行為、マンガ・ゲーム全般(クソ腐女子)
特技:ひとりカウンター(で男子を寄せ付けないで飲む)酒
好きな食べ物:日本酒、日本酒に合わせる料理全般

基本的な生活サイクルとしては、9時出社〜18時退社、寝るまでの残りの時間は予定がカラなら飲み屋に直行、ひとり酒多め(ほぼ毎回酩酊)、たまに友達とワイワイ、週末はバスケットか、晴れたらキャンプか、なんて暮らしをここ数ヶ月やっています。ステータスだけ見たら独身の中間管理職のオッサンですね。。。

もともと割と一人が好きなところもあり、大失恋して以来彼氏もいらねぇ(白目)と独身を謳歌していたらこんな環境になってしまいました。時間を10年戻せるボタンが目の前に現れたら、今なら連打します。

そんな平々凡々と暮らす私にも、きっかけはやって来るのでした。

脂肪は音を立てずにやって来る

タイトなジーンズにねじ込む戦うボディは続かない

学生の頃はこれでも全国大会を目指すレベルの学校でプレーしていたこともあり、どちらかというと脳内体育会系。それでもトレーニングとか筋トレとか、激しめなものから遠く離れてしまってはや10年…
残念ながら全国大会には出られなかったけれど、それなりのキャリアと若かりし肉体を持ったまま社会人になり、休日には人並みにプレーを続け、それなりに表彰台にも乗ったりしていた20代前半。

20代後半に差し掛かると大卒のバリバリ脳筋お前ホントに女かよの後輩がどんどん入社してきて、じわじわと追い詰められるレギュラーの椅子…ある年にいよいよレギュラーから外れてしまい、その時はショックだったけれど「ンマー若さには勝てないヨネー」と割と早く立ち直り、ある意味レギュラー争いの混沌から解放された私は一気に趣味の道へ…ダンスも始めたし、憧れていたソロキャンプにも手を出した。そして一番良くなかったのが、「ひとり酒の味を覚えた」という事だったかと…

県外の方々の評価は置いておいて、全国美味しいものある県ランキングトップ3には入っていいだろうと思う新潟に生まれ、舌をよくない方向へ運んでしまってからは兎に角、飲み歩く日々…
特にバチクソに決まったお刺身なんて出てこようもんならカウンターでひとり日本酒を煽っては「うまァ“ーー!」とミスター味っ子ばりに叫んでしまう始末。生まれ持ったコミュニケーション能力と人並みに小綺麗に産んでくれた両親に感謝したい(殺)

やがてスポーツ<飲み会という構図に変わってしまった私の体型が崩れるのにはまぁまぁ時間が掛かり、気づいたのは今から1年前。「野郎に最低限見せられるくらいの身体は持ってるぜヒャッハー!はよ夏来い夏!見るだけなら金とらんで!」くらいに思っていたある日、おろしたての水着を着た自分を見て気づいてしまう。

「脇に肉乗ってるやんけ。。。」と…

そして遂に決定打はやってきた。結婚式の2次会の準備をしていたところ、3年前に買ったパーティードレスが入らない…厳密に言えば入るは入るけど、スーパーの野菜詰め放題と同レベルの状況。直立以外のアクションを取ったら絶対に破れる…椅子に座ればたちまち上半身と下半身のパーツが切り離されるだろうし、前にかがめば怒り狂ったケンシロウのように背中の布がバリバリと破れ去り、鬼の顔のような背中が見えてしまう。これは真剣にヤバイ。

立ち上がれ三十歳。孔子が「デカイことは三十くらいでせえ」みたいなこと言ってたし…

そして人生初のトレーニングを始めることに

検索、検索ゥ!!

いよいよ焦り出した私は遂に本格的にトレーニングを決意。ただ、この後に及んで「でも酒は辞めねえ(キリッ)」とストイックになりきれない(ある意味そこはストイック)私は、ありとあらゆる雑誌やネットから情報収集を行い、ある程度の「ルール」を設けるのであった。

  • 期間は1ヶ月とする
  • 1日の基準カロリーを1200kcalに設定する
  • 飲み会は断らない(おい)
  • 週に2〜3日程度の運動日を設定
  • プロテインは摂取しない(HMB錠剤サプリのみ)
    (このあたりの設定は次回から詳しく説明していきます)

そして目標はふたつ。

  • 目標体重をマイナス4kgの46kgに設定(最細時代の体重)
  • 着られていたドレスを体に入れる

ざっくり言うと、今回のチャレンジは「ある程度カロリーを気にして制限し」「且つ大好きな飲み歩きを完全禁止にすることなく」「適度なトレーニングを課したらば」人は痩せるのか?という人体実験だと思ってもらえばいい。
このサイト付近を巡回しているガチンコフィットネス週5通い主食ささみドリンクホルダーにプロテインの方々から見れば「お前みたいな不摂生で自意識過剰な女は絶対に痩せねぇ!トレーニング舐めんな!絶対実物ブスだろ!食いたいだけ食ってブクブク太って寝たきりになれ!●ね!」と思われるかもしれない。いや思うでしょ…

もちろん1ヶ月トライしてみて何も変わらず、逆に体重増えましたがなって状況になってしまった際は自分への負荷レベルを上げようと思う。
その前にまずは初心者がどれくらいの活動レベルをしたら、どれくらいの数値を出せるのかという事を知りたいだけで、そのボーダーラインが知りたいだけなのだ。

それに私は別に鍛錬を重ねて鳥山明の作画みたいになりたい訳ではなく、またあのドレスが入るくらいのサイズに戻れば万々歳である。みんながみんな手羽先(タレ)みたいになるまでトレーニングする必要はない。

というわけでよろしくお願いします(エンターキーを叩きながら)

本人ちゃうで!フリー素材やで!

前置きが長くなってしまいましたが、こんな自意識と脂肪をこじらせた30の独身女が一度前向きに身体を作っていく様を、1週間単位の生活サイクルから食事の記録をしつつ、1ヶ月に渡ってお伝えして行きたいと思っています。

果たして目標体重は達成できるのか?お気に入りのドレスは入るのか?ダイエット中の酒はとてつもない美味さを発揮し新たな境地に達するのか!?←

温かい目で見守ってください。。。(続け)

コメント

タイトルとURLをコピーしました