【重要!】ダイエットで効果的に痩せる食べ方のコツ!

ダイエット
スポンサーリンク

ダイエットで無理に食事の量を減らしたり、食べたいものを我慢してストレスが溜まっていませんか?

痩せるためには辛いけど我慢するぞ!

と意気込んで始めてみたけどお腹が減ってイライラするし、これを続けるのは辛すぎる・・・なんて思うこともあるはずです。

また、極端に食事制限をするのはカラダにも良くありません。

とはいえ、痩せることを諦めたくないしダイエットは必ず成功させたいのも事実ですよね。

そんなあなたに是非、 実践していただきたい「食べ方を変えて痩せるコツ」があるんです。

そこで今回は、無理な食事制限は一切せずに痩せる「ダイエットで効果的に痩せる食べ方のコツ!」をご紹介します。

スポンサーリンク

ダイエットで痩せる食べ方のコツとは?

ダイエットで痩せる食べ方のコツとは以下の4つを意識することです。

  • 血糖値の上昇を抑えること
  • 食べる順番を考えること
  • 食べ方を意識することが重要
  • 食べてはいけない時間がある

それでは順番に解説していきます。

痩せる食べ方のコツ①血糖値の上昇を抑える

ダイエットで痩せるためには、血糖値の上昇を抑えることが重要です。血糖値とは血液中の糖濃度のことで、これが上昇すると太りやすくなり、下がると痩せやすくなります。

食事で食べ物がカラダに入ると血糖値は上昇し、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは、血液中の糖分を脂肪に変えてカラダにため込んでしまうのです。逆に血糖値が下がるとカラダの中にある脂肪を分解して糖にしようと働きます。

そのため、空腹時にいきなり糖質をたくさん食べると血糖値が急上昇してしまうため脂肪がつきやすくなります。ダイエットで痩せるためには血糖値の急上昇を抑えることが重要なので空腹時にいきなり糖質の多いものをたくさん食べることは避けましょう。

【糖質の多い食べ物】
ごはん、パスタ、うどんなど

痩せる食べ方のコツ②食べる順番を考える

食べる順番をしっかりと考えることも大切なことです。ごはん、パン、うどん、パスタなどの炭水化物は体内で糖に変わります。これらの炭水化物は腹持ちが良く、消化に6~8時間ほどかかります。

そのため、夜に食べると胃にも負担がかかり脂肪もつきやすくなってしまうのです。ダイエットで痩せるためには朝、昼にしっかりと炭水化物を食べ、夜はビタミンや食物繊維が豊富な野菜を中心に食べることを心掛けましょう。

【理想とする順番の食事例】
朝:ごはんやパンが中心の食事メニュー
昼:パスタまたは肉や魚が中心の食事メニュー
夜:野菜中心の食事メニュー

痩せる食べ方のコツ③食べ方を意識することが重要

ダイエットで痩せるためには、食べ方もとても重要です。以下の3つを意識しましょう。

  • ゆっくりよく噛んで食べる!
  • 栄養バランスに気をつける!
  • 甘い飲み物は飲まない!

それぞれ解説していきます。

ゆっくりとよく噛んで食べる!

ゆっくりとよく噛んで食べることで血糖値が急激に上昇するのを防ぐことができます。また、食事を始めてから満腹中枢が刺激されるまで20分はかかるとされているため、20分以上かけて食べることでたくさんの量を食べなくても満腹感を感じることができます。

さらに、よく噛むことで胃腸が食べ物を消化しやすくなるので、同じものでもゆっくりとよく噛んで食べるだけでダイエット効果を高めることができるのです。

栄養バランスに気をつける!

健康的に痩せるためには、栄養バランスに気をつけることがとても重要です。特に三大栄養素といわれる、

  • 脂質
  • 糖質(炭水化物)
  • タンパク質

これらをしっかりと摂取しましょう。

この三大栄養素は、カラダを動かすために欠かすことのできないエネルギー源です。低カロリーだけを意識して栄養バランスが崩れると結果的に基礎代謝が低下し、ダイエットの効率を下げてしまう可能性もあるので注意しましょう。

また、現代人に不足しがちなのが野菜です。野菜もしっかりと食べることでビタミン、ミネラル、食物繊維といったダイエットには欠かせない栄養素も積極的に取り入れ、健康的にダイエットを行うよう心掛けましょう。

甘い飲み物は飲まない!

甘い飲み物には注意が必要です。せっかく食べものや食べ方に気をつけているのに甘い飲み物をガブガブ飲んでしまっては意味がなくなってしまいます。

甘い炭酸飲料や缶コーヒーなどは、とても多くの糖が含まれています。また、水分はカラダに吸収されやすい特徴をもっているため控えるようにしましょう。

痩せる食べ方のコツ④食べてはいけない時間は?

ここまでダイエットで痩せる食べ方のコツとして、食べる順番や食べ方を解説してきました。さらに効果的に痩せるためには食べてはいけない時間があるので解説していきます。

寝る3時間前からは食べない!

寝る3時間前から食べ物を食べないようにしましょう。食べてすぐ寝てしまうと胃腸の消化が鈍くなり、カラダに蓄積される脂肪の量が多くなってしまいます。

寝る時間を計算しながら夕食のタイミングをしっかりと考え、より効率的なダイエットを目指しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回はダイエットで効率的に痩せる食べ方のコツについてご紹介させていただきました。

ダイエットで痩せる食べ方のコツは以下の4つを意識することがとても重要なんです。

  • 血糖値の上昇を抑えること
  • 食べる順番を考えること
  • 食べ方を意識すること
  • 食べてはいけない時間を守ること

具体的には、

  • 空腹時にごはん、パスタ、うどんなど糖質の多いものをいきなりたくさん食べない
  • ごはん、パン、パスタ、うどんなどの炭水化物は朝、昼にしっかりと食べ、夜は野菜中心のメニューにする
  • ゆっくりとよく噛んで食べる(20分以上の時間をかけて食べることを心掛ける)
  • 脂質、糖質(炭水化物)、タンパク質、野菜などをしっかりと摂取し、栄養バランスに気をつける
  • 甘い炭酸飲料や缶コーヒーは控える
  • 寝る3時間前からは食べない

以上がダイエットで効果的に痩せる食べ方のコツです。どれも普段の食事で簡単にストレスなく取り組めるのでとてもおすすめです。今日からぜひ試してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました