リンゴダイエットは夜がオススメ。短期決戦にも!

ダイエット
スポンサーリンク

色々なダイエット方法が話題になりますが、日本では「リンゴダイエット」が大流行した時期がありましたよね。
リンゴはデトックス効果が高いと言われているので、「プチ断食ダイエット」としてもオススメの果物なんです!
今回は「リンゴダイエット」について詳しく紹介していきます。

リンゴダイエットとは?

かつて大流行した「リンゴダイエット」は、リンゴを食べながら出来る限りカロリーオフを続けるような方法でした。
リンゴなら、どれほど食べても良いというルールで「リンゴダイエット」を実践した人も多いと思います。

リンゴダイエットには、大きく分けて2種類あります。
「デトックス効果を目的とした3日間の短期集中型」と、「カロリーオフを目的とした1日のうち1食だけをリンゴに置き換える方法」です。

最近再び注目されているリンゴダイエットの方法は、主に「短期集中型」のようです。

まず「3日間の短期集中型」は、毎食リンゴだけを食べる方法になります。
この方法はダイエット目的だけでなく、プチ断食として週末に実践する人が増えているそうです。

また、1日のうち1食だけをリンゴに置き換える方法では、主にカロリーオフを目的として気軽に行なっている方が多い様子ですよ。

リンゴダイエットのやり方&効果

3日間短期集中型のリンゴダイエットの場合、毎食(朝・昼・晩)の食事の中で口にするものは「リンゴのみ」となります。

この3日間短期集中型では、リンゴは何個食べても良いルールになっていますが、リンゴは生のまま食べて栄養素を摂取します。

特に水の上限は決められていませんが、寝る前にオリーブオイルをスプーン1杯飲んでから就寝し、この基本生活を3日間続けます。

また、1日1食だけをリンゴに置き換える方法の場合は、単純に1食分をリンゴに変えるだけなので簡単です。

この方法は、夕食に行うと最も効果的と言われているので、効果を求める方は夕食と夜食を上手に調整してみてくださいね。

気になる1日の摂取量

リンゴダイエットに限らず、どのダイエット方法にも共通して言えることですが、まずリンゴ1個のカロリーを正しく把握することが大切です。
一般的なリンゴは、1個あたり100~150キロカロリー程度と言われています。

女性の場合、リンゴを2個を食べればかなりお腹が満たされてくるので、リンゴ2個分を食べると仮定すると約200~300キロカロリー程度。

更にサラダを食べれば、主食を食べる前に満腹感が感じられる状態になります。
主食に手が伸びる確率が下がると1日のカロリーオフにつながるので、ダイエットとしては効果的な方法と言えますよね!

リンゴダイエットの注意点

同じ食材を食べ続けるような「単品ダイエット」では、摂取する栄養分がかたよってしまい、その結果なんとなく元気が出ないような健康状態になりがちです。

単品ダイエット中は栄養がかたよっていることを十分認識した上で、無理のない生活を心がけるようにしましょう。

リンゴダイエットで手軽にプチ断食!

リンゴにはポリフェノールも含まれているので、軽いアンチエイジングとして3日間挑戦してみるのもオススメですよ!
まずは1食分を置き換えてみて、自分流にアレンジしながら実践してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました