糖質制限ダイエットの簡単なやり方と効果

ダイエット
スポンサーリンク

ダイエットにおいて重要なのは、摂取カロリーを制限することです。糖質制限ダイエットでは摂取カロリーを簡単に制限することができるので、効果的にダイエットを行うことができます。糖質制限ダイエットの簡単なやり方と効果を紹介しているので参考にしてください。

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットの簡単なやり方

砂糖とでんぷん質を避ける

糖質制限ダイエットは、砂糖とでんぷん質を食べないようにします。砂糖とでんぷん質は血糖値の上昇が急激で、脂肪になりやすいです。また、砂糖やでんぷん質を避けることで簡単にカロリー制限を行うことができます。ゆっくりと無理なく痩せるには、1日の摂取カロリーのを8割程度に抑えると良いのですが、これは砂糖とでんぷん質を避けることで簡単に達成できるのです。

カロリーのない飲み物を選ぶ

糖質制限ダイエットでは、ジュースを避けて飲み物に砂糖やミルクを使うのを避けましょう。甘い飲み物はカロリーが高い上に、量を飲めるのでカロリーを取りすぎてしまいます。無糖の飲み物を選んでカロリーを取りすぎないようにしましょう。水だけではなく、コーヒーや紅茶もカロリーがないので飲むことができますよ。ミルクや砂糖を入れずに飲むのを忘れずにしてください。

肉や魚を中心に食べる

糖質制限ダイエットをする際は肉や魚からカロリーを摂りしょう。肉や魚はタンパク質が豊富なので、食欲を制限してくれてダイエットに有効です。また、魚に含まれている不飽和脂肪酸は脂肪になりにくく、血中の脂肪を減らしてくれます。肉を食べる際は脂身の少ない赤身肉を選ぶとより効果的です。主食である白米や食パンを制限して代わりに肉や魚を食べることで、体重を落としましょう。

ジャンクフードやアイスクリームを避ける

ジャンクフードやアイスクリームは非常に糖質が多いので、糖質制限ダイエットを行うさいは避けてください。間食やデザードについ食べたくなってしまいますが、今までの苦労を水の泡にしてしまうので強い気持ちで断ちましょう。小腹が空いた時には、糖質が低く、健康的な油を含んでいるナッツ類を食べましょう。ナッツ類には不飽和脂肪酸が含まれているので、食べても太りにくいのです。

糖質制限ダイエットの効果

血糖値を下げる

糖質制限ダイエットを行うことで、血糖値を下げることができます。糖質を制限しているので、もちろん血糖値は上昇しにくいです。もともと、血糖値が低い人や、血糖値を抑える薬を飲んでいる人は注意が必要で、過剰に血糖値が下がってしまうので必ず担当医に相談しましょう。糖質を制限することは、血糖値を抑える上で一番効果的な方法です。

食欲が減少する

糖質制限ダイエットによって、炭水化物を減らしてタンパク質を摂ると食欲が減少します。それによりダイエットを続けやすくなります。食事を制限する必要があるダイエットにおいて、食欲が減るのは非常に効果的です。糖質制限ダイエットは一見続けにくいように思えますが、糖質を減らすことで食欲が減少しダイエットを続けやすくなります。

まとめ

糖質を避けてタンパク質を取る

糖質制限ダイエットは名前の通り糖質を制限するダイエット方法です。糖質制限をして代わりにタンパク質を食べることでカロリーを抑えて体重を落とします。特に、日頃から口にしているジュースやスナックは糖質が多く、非常に太りやすいので注意してください。

糖質制限ダイエットで健康になれる

現代の日本の食生活では白米や食パンといった血糖値の上昇が急激に起こるものを食べています。それらを制限することで生活習慣病の予防に役立ちます。ダイエットを行い人だけではなく、糖尿病をはじめとした生活習慣病を予防したい人にも糖質制限ダイエットはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました