ダイエットや筋トレの味方!鶏胸肉を使ったおすすめレシピ

ダイエット
スポンサーリンク
ダイエットや筋トレの定番「鳥むね肉」
スポンサーリンク

ダイエットや筋トレの定番「鳥むね肉」

鳥むね肉は、ダイエットや筋トレを行う人たちが必ず食べる食材です。


有名な、トレーニングジムでも食事管理の時に鳥むね肉や卵はタンパク質を取るための大事な食材として紹介されます。


普通に茹でただけだとパサパサになってしまい、美味しくありません。


最近ではそういった人たちのために、コンビニやスーパーでサラダチキンという商品が売られています。


茹でているだけなのに、みずみずしく美味しいので人気があります。
鳥むね肉はどうしてダイエットや筋トレに良いのでしょうか。

鳥むね肉の魅力

  • 消化しやすく、吸収率も高い
  • 脂肪が少なく食べ応えがある
  • 筋肉を作るために必要なタンパク質が豊富

こういった理由から鳥むね肉を主食に置き換えて食べたり、空腹時につまむなどする方が多いようです。

また、鳥むね肉はスーパーでだいたい、グラム100円程度で売られているため、同じようにタンパク質の高いささみや鳥もも肉に比べ、価格面でも助かります。

鳥むね肉の調理法

鳥むね肉の調理法

鳥むね肉はコストパフォーマンスと栄養面から見ると最高の食材です。

ですが、問題点としてはやはり、脂質が含まれていないので

  • パサパサする
  • 味気がない

といった悩みが出てきます。

理由は脂質(脂分)がないため、加熱した時に水分が外に逃げてしまうという理由があります。

それを知らずに調理してしまうと、食事も制限しているのに
美味しくない=辛い
となってしまいます。

ダイエットや筋トレは時に辛い事もあると思うので、食事は楽しく美味しく食べたいですよね。

長続きの秘訣は「楽しむ事」です。

鳥むね肉を美味しくするポイントとして大事なのは調理前の<下準備>です。

  • なるべく常温のお肉を使用する
  • 調理前に水、もしくはお酒に漬けておく
  • 片栗粉をまぶし水分が逃げないようにする

この3つのうちの1つだけでも手を加えるだけで格段に柔らかさが変わります。

鳥むね肉のおすすめレシピ

水晶鳥

鳥むね肉に片栗粉をまぶし、氷水につける事でつるんとした食感を楽しむ事ができます。

片栗粉をまぶして調理する事により、鳥むね肉の水分を閉じ込めてくれます。

片栗粉はでんぷんなので糖質になりますが、まぶすだけなのでそこまでカロリーは高くなりません。

調理時間は30分程度

材料

  • 鳥むね肉1枚
  • 片栗粉 大さじ2
  • (A)日本酒 大さじ1
  • (A)お好みで生姜
  • 付け合わせにきゅうりやねぎ
  • タレ
    ・しょうゆ
    ・わさび
    ・ごま油 など

作り方

  1. 鳥むね肉の皮をむきます。

    鳥むね肉の皮は約80キロカロリー程あるため、取った方がカロリーオフになります。

  2. 鳥むね肉を、1センチ幅のそぎ切りにし、麺棒などの硬いもので叩きます。

    そぎ切り、麺棒で叩く、この2つは硬くなる原因である肉の繊維を壊すために行います。

  3. 切った鳥むね肉をボウルに入れ、(A)と混ぜ、少し時間をおきます。

    生姜は体を温めてくれます。生姜で下味を少しつける事で、余計な調味料を減らします。濃い味は食欲をそそってしまうので薄い味付けにしましょう。

    *ボウルではなくビニール袋の中でも混ぜる事ができます。手も汚れず、洗い物も少なくて済むのでおすすめです。

  4. お鍋にお湯を沸かし、お肉を1つずつお湯の中へ落としていきます。
    一気に入れてしまうとくっついてしまうので注意しましょう。
  5. 最後に、氷水につけて完成です。
    氷水を用意するのが大変であれば、水道水でも構いません。
  6. 付けダレは好みのものを用意してください。
  7. 生姜醤油、わざび醤油、ごま油と醤油など
    きゅうりやネギを付け合わせとして食べても良いでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました