クレンズダイエットで即効置き換え減量!デトックスを促進して全身アンチエイジング

ダイエット
スポンサーリンク

運動をしても食事制限をしても、減量効果がイマイチなときはクレンズダイエットがおすすめ!すでにセレブの間でも話題になっているクレンズダイエットは、いつもの食事を手作りジュースに置き換えるだけで即効的に減量できます。

デトックスを促進しながら脂肪燃焼しやすい体になるほか、全身のアンチエイジングも可能です。さらにクレンズダイエットはコストがほとんどかからないのもメリット。お手軽にできるクレンズダイエットの情報をここでチェックして、すっきりボディをゲットしましょう!

スポンサーリンク

クレンズダイエットとは?

クレンズダイエットとは?

クレンズダイエットの基本情報をまとめました。作用や方法をチェックしましょう。

置き換えダイエットで脂肪燃焼

置き換えダイエットの一つであるクレンズダイエットでは、普段の食事がすべてジュースになります。そのため大幅なカロリーがカットされるので、スピーディーな減量が可能です。

ジュースの原料となる野菜や果物に含まれる豊富な栄養素が、ダイエットを阻害していた活性酸素などの毒素をデトックスし、すっきりとしたボディに導きます。

さらにミトコンドリアの働きも良くなり、新陳代謝を高め脂肪燃焼をアップできるのです。さらに食物繊維が腸内環境を整えるので、ぽっこりお腹もフラットになります。

短期間で行うお手軽ダイエット

クレンズダイエットは3日間の短期間ダイエットなので、手軽にスタートしやすいです。毎食ジュースを作る必要がありますが、カロリー計算や食事メニューを作るダイエットと比べるとお手軽と言えましょう。簡単に準備ができ、調理はミキサーが行ってくれるので継続しやすいのも人気の秘密です。

普段摂取しているタンパク質や炭水化物がカットされますが、野菜や果物に含まれる豊富な食物繊維が空腹感を抑えてくれるでしょう。ダイエットの結果もすぐにわかるので、モチベーションを持ち続けやすいです。

軽い運動を導入する

食事量や摂取カロリーが減るものの、じっとしてばかりでは新陳代謝がダウンしてしまいます。そこでストレッチなど軽い運動をして、脂肪燃焼を促進しましょう。血行も良くなり効率良いデトックスができます。

運動はクレンズダイエット終了後も継続しましょう。毎日30分でも続けることで基礎代謝が高まり、脂肪燃焼しやすい体になります。食事量に合わせて運動量も増やしていきましょう。

クレンズダイエットのメリット&デメリット

クレンズダイエットのメリット&デメリット

クレンズダイエットで毒素を除去することで、さまざまなメリットが実感できます。またいくつかのデメリットもまとめてチェックしましょう。

クレンズダイエットのメリット

  • 短期間で減量できる
  • 体脂肪の低下
  • 短期間で終了できる
  • 短時間で食事を作れる
  • メニューを考える手間がない
  • カロリー計算がない
  • デトックス
  • 新陳代謝アップ
  • 血糖値の上昇を抑える
  • 食べ過ぎ防止
  • 疲労回復
  • 便秘解消
  • 美肌作用
  • アンチエイジング

忙しい日常生活を送っている人でも、材料からジュース作りまで簡単にできるメリットがあります。デトックスにより全身の細胞が活性化し、減量からアンチエイジングまで美しいボディへと導きます。

クレンズダイエットのデメリット

  • ジュースばかりで飽きやすい
  • 栄養が偏りやすい
  • 空腹になりやすい
  • ジューサーがないと作れない
  • 疲労感

砂糖なしのシンプルなジュースなので、あっさりテイストになります。また摂取カロリーが少なくなることから、エナジー不足が起こりやすくなるのがデメリットです。

クレンズダイエットの基本的なやり方

クレンズダイエットの基本的なやり方

クレンズダイエットのやり方をステップごとに追ってみましょう。効果をしっかり実感するためにも、基本的な方法を押さえるのがコツです。

ダイエット数日前から食事制限をする

体内を効率よくデトックスするためにも、クレンズダイエットの数日前から以下の食品を除去しておきましょう。

  • パンや麺などの精製小麦粉穀物
  • インスタント食品などの加工食品
  • ファーストフード
  • お菓子
  • スナック菓子
  • 乳製品
  • アルコール
  • コーヒー
  • お茶類

クレンズダイエットで毒素をしっかり排泄するには、余分な添加物やカフェインを摂取しないことがポイントです。またアルコールを飲むと分解されるアセトアルデヒドも毒素として避ける必要があります。

野菜・果物ジュースを用意する

主食となる自家製ジュースを作ります。ここにおすすめの野菜と果物をリストアップしました。

クレンズダイエットのジュースに使う野菜

  • ケール
  • ほうれん草
  • セロリ
  • トマト
  • きゅうり
  • パセリ
  • ルコラ
  • 人参
  • ブロッコリー

クレンズダイエットのジュースに使う果物

  • オレンジ
  • レモン
  • ゆず
  • グレープフルーツ
  • アボカド
  • パイナップル
  • イチゴ
  • ブルーベリー
  • キウイ
  • リンゴ
  • 洋梨
  • メロン
  • スイカ

200mlのジュースを1日5回飲む

空腹を抑えるためにも、200mlのジュースを1日5回飲みます。通常の食事のようにバランス良い時間帯で摂取すると効果的です。果物の甘さと酸っぱさをうまく野菜と混ぜ合わせながら、オリジナルフレーバーを作りましょう。

とりわけオレンジなどの柑橘類やブルーベリーなどは、強い抗酸化作用力を持っているので毎回加えましょう。またアボカドには脂質が含まれており、エネルギー補給にもなります。さらに水溶性食物繊維と不溶性食物繊維により血糖値の上昇を緩やかにしたり、便通促進も可能です。

また水分を多く含む野菜や果物ですが、カリウムも多く含んでいるため利尿作用があります。そのため体内の水分補給はもちろん、デトックスのためにも2リットルの水を飲みましょう。

3日間続ける

毎日5食のジュースを3日間続けます。ファスティングに近いクレンズダイエットなので、最初は1食をジュースに置き換えるのもおすすめです。自分の体調を見ながら、最終的に3日間ジュースのみで行うと良いでしょう。

ダイエット終了後は通常の食事に少しずつ戻します。体重維持のためにも、高脂肪や高糖質食品を控えましょう。

クレンズダイエットの効果アップ法

クレンズダイエットの効果アップ法

クレンズダイエットは短期間勝負なので、この期間に効率よく行う方法をチェックしましょう。

ハーブティーを寝る前に飲む

基本的にクレンズダイエットではハーブティーそのものの摂取は推奨されていません。しかしハーブには酵素の分泌を高める作用があり、クレンズダイエットの効果を高めてくれます。

さらにデトックスも促してくれるので、水と併せて飲むと良いでしょう。また快眠を促すので、夜に飲むのもおすすめです。ホットでもコールドでも美味しくいただけます。

作ったらすぐに飲む

クレンズダイエットのメリットは、作り立ての新鮮なジュースでたっぷり栄養を補給できることです。しかし1日5回のジュース作りとなると、ライフスタイルによっては時間がなく作り置きしたくなることもあります。

その日のうちに摂取すれば作り置きも可能ですが、手作りのジュースには酸化防止剤などの添加物が入っていないので、次第に酸化しては栄養が少なくなってしまいます。しっかりダイエット効果を上げるためにも、作ったらすぐに飲むようにしましょう。

無農薬野菜と果物を選ぶ

生で摂取する野菜と果物は、目に見えない雑菌や農薬がたくさん付着しています。そこで体に負担をかけないためにも、無農薬の野菜や果物を選びましょう。クレンズダイエットジュースを作る前に洗浄で洗い流すのも良いアイデアですが、完全に落とすことはできません。

野菜や果物は皮の内側にたくさんの栄養素を含んでいるので、丸ごと摂取するのが理想的です。無農薬野菜や果物はコストが高めですが、クレンズダイエットをはじめ、将来的な美容や健康維持として利用する価値があるでしょう。

クレンズダイエットジュースの主な栄養素と効果

クレンズダイエットジュースの主な栄養素と効果

タンパク質や炭水化物などの栄養素が不足するものの、ジュースには体調を整えるビタミンやミネラルなどを豊富に含んでいます。

それぞれの栄養素には多くの食品が共通しているので、一食品で複数の栄養素が摂取できるのもメリットです。ここではクレンズダイエットに関わる主な栄養素と役割をチェックしましょう

ビタミンB1

糖質をエネルギー変換してくれるビタミンです。果物は消化が早く素早くエネルギー変換できるので、活動前の食品としても推奨されています。

ビタミンB1を含む野菜

  • モロヘイヤ
  • ケール
  • アスパラガス
  • ブロッコリー
  • しそ
  • 芽キャベツ
  • ほうれん草
  • 春菊
  • バジル
  • 人参

ビタミンB1を含む果物

  • ドリアン
  • ブルーベリー
  • アボカド
  • オレンジ
  • パインアップル
  • ゆず
  • レモン
  • メロン
  • バナナ
  • マンゴー
  • イチゴ

ビタミンB2

脂質をエネルギー変換してくれるビタミンです。現代の食生活は脂っこい食べ物に偏りがち。ビタミンB2でコレステロールを抑えながら、脂肪の蓄積を防止できます。

ビタミンB2を含む野菜

  • モロヘイヤ
  • ほうれん草
  • わらび
  • カブ
  • パセリ
  • ルコラ

ビタミンB2を含む果物

  • アボカド
  • バナナ
  • パッションフルーツ
  • グアバ
  • ラズベリー
  • ライチ
  • アセロラ

ビタミンE

強い抗酸化作用をして活性酸素を除去して新陳代謝を活発にします。さらに血行促進をして脂肪燃焼したり美肌維持をしたりする、健康に欠かせない栄養素です。

ビタミンEを含む野菜

  • なす
  • 赤ピーマン
  • ほうれん草
  • あしたば
  • しそ

ビタミンEを含む果物

  • ブルーベリー
  • ラズベリー
  • オリーブ
  • アボカド

ビタミンC

抗酸化作用をするビタミンCは、ビタミンEと同じように細胞を活性化して新陳代謝を高めます。さらにコラーゲンを生成して肌のハリを保ったりメラニンの増殖を抑制したりして、内側からみずみずしいボディを作ります。

ビタミンCを含む野菜

  • ピーマン
  • パセリ
  • ブロッコリー
  • 芽キャベツ
  • レッドキャベツ
  • ケール

ビタミンCを含む果物

  • アセロラ
  • グアバ
  • オレンジ
  • グレープフルーツ
  • パパイア
  • キウイ
  • イチゴ
  • ゆず
  • レモン

食物繊維

食物繊維には脂質の吸収を抑えたり、血糖値の上昇を抑えたりする水溶性食物繊維、便通を促進する不溶性食物繊維があります。いずれもクレンズダイエットには欠かせない栄養素です。

水溶性食物繊維を含む野菜

  • 芽キャベツ
  • モロヘイヤ
  • 春菊
  • 大根の葉
  • ブロッコリー

水溶性食物繊維を含む果物

  • アボカド
  • ゆず
  • プルーン
  • パパイア
  • アセロラ
  • キウイ
  • ラズベリー

不溶性食物繊維を含む野菜

  • グリーンピース
  • パセリ
  • モロヘイヤ
  • よもぎ

不溶性食物繊維を含む果物

  • グアバ
  • キウイ
  • ラズベリー
  • アボカド
  • ブルーベリー
  • レモン

酵素

酵素には消化酵素と代謝酵素の2つがあります。酵素は体内で生成されますが年齢とともに減少していき、太りやすくなってしまいます。酵素は熱に弱いので、生で摂取するクレンズダイエットこそ最適な方法となるでしょう。

酵素を含む野菜

  • 大根おろし
  • きゅうり
  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • 人参
  • 小松菜

酵素を含む果物

  • パイナップル
  • グレープフルーツ
  • オレンジ
  • キウイ
  • イチゴ
  • バナナ

クレンズダイエットの注意点

クレンズダイエットの注意点

ここではクレンズダイエットをするときに、注意しておきたいポイントを2つまとめました。快適にダイエットをするためにも、事前にチェックしましょう。

ほうれん草を過剰摂取しない

ほうれん草は結石の原因となるシュウ酸を多く含みます。ビタミンを豊富に含むほうれん草ですが、食べ過ぎず適量を守ることが大切です。シュウ酸は未熟バナナやモロヘイヤ、パセリなどにも含まれていまが、ほうれん草と比べるとかなり少ないので、よほど過剰摂取しない限り心配はありません。

いずれもバランスよく適量を摂取することで、食品の持つ栄養素を効率よくダイエットに割り当てられます。

冷たいジュースを飲まない

冷蔵庫で保存している果物や野菜はひんやりしているので、そのまますぐに作るとジュースが冷たくなってしまいます。冷たいジュースは体を冷やしてしまい、代謝を下げる原因に。そのためジュースを作る前には材料を常温に戻しておきましょう。

またジュースをよく噛みながら飲むことで、体が暖まりやすくなります。さらに消化吸収も良くなるので習慣づけると良いです。

クレンズダイエットのQ&A

クレンズダイエットのQ&A

クレンズダイエットに関する疑問を3つピックアップしました。気になる内容を解決しておきましょう。

Q: 3日間以上続けて良い?

A: 3日間以上継続すると栄養不足になり、逆に痩せにくい体になってしまいます。この3日間は体内に溜まった老廃物や毒素を排泄する集中期間です。体をリニューアルした後は、少しずつ通常の食事に戻していきます。3日間で得た体重を維持するためにも、低糖や低脂肪の食品を選びましょう。

Q: ドライフルーツは加えて良い?

A: ドライフルーツは栄養をたっぷり摂取できますが、消化があまりよくないので控えます。糖質も多いのでクレンズダイエットには向いていないでしょう。果物はあくまでも新鮮なものを使用し、できれば無農薬のものがおすすめです。

Q: 副作用はある?

A: 急激に摂取カロリーや食事量が減るので体調が崩れ、めまいや吐き気などが起こることがあります。しかし一時的なものなので、効果を実感できると同時に軽減していくでしょう。症状が続くときはクレンズダイエットを中止し、専門医に相談することをおすすめします。

クレンズダイエットでくすみなし!

クレンズダイエットでくすみなし!

クレンズダイエットではジュースで置き換えることで、即効的なダイエットが可能です。体内に蓄積された老廃物をスッキリ排泄でき、脂肪燃焼もバッチリ。クリーンなボディで健やかな毎日を過ごしましょう!

カオリ トマゾーニ

イタリアで在宅ライターを5年しています。絵を描くことと音楽鑑賞が大好きな、イタリアン主婦です♪
トレンディな美容情報を、海の向こうからダイレクトに送り届け、さまざまな悩みを解決!全身のアンチエイジングは、キレイになる!という気持ちで、美しさが維持できます。皆さん一緒に頑張りましょう!

カオリ トマゾーニをフォローする
ダイエット
スポンサーリンク
KARATS カラッツ
タイトルとURLをコピーしました