ダイエットの落とし穴…運動をしても痩せない理由あるある

運動をしても痩せない理由あるある ダイエット
スポンサーリンク

運動してもなかなか痩せない… 逆に太った…!? という人には、何か原因があるかもしれませんね。

ダイエット中によくある落とし穴を確認し、 モチベーションが下がらないように痩せない理由を探りましょう!

せっかく運動をするのなら、その落とし穴を避けて、効果的にダイエットしたいですね。

ダイエットの停滞期やうまく痩せないと悩んでいるときに、ぜひ参考にしてほしいと思います。

「運動をしても痩せない理由あるある」に当てはまっていませんか?

チェックしてみましょう!

スポンサーリンク

運動をしても痩せない理由

あるある①:運動量<摂取量

  • 普段の飲み物のカロリーが高い→ カフェオレ、栄養ドリンク、ジュース類、甘いスムージー等
  • 運動後にビールなどお酒を飲んでいる→ ついでに塩分も摂りたくなる
  • 運動した安心感で、逆に食べる量が増えている
  • ポテトサラダやシーザーサラダなど、マヨネーズやチーズ、クリーム系のドレッシングが好き
運動をしても痩せない理由あるある①

運動量より、摂取量(食べる量)が増えていませんか?スイーツやお菓子を気を付けていても、飲み物やドレッシングで摂取カロリーが高くなっている場合もあります!

あるある②:基礎代謝が低い

  • ストレッチ(リラックス系ヨガ等)だけ行っている
  • 有酸素運動(ウォーキング等)だけ行っている
  • 筋トレをしていない=基礎代謝を上げる運動をしていない
運動をしても痩せない理由あるある②

基礎代謝が低い人は消費しにくい体なので、運動をしてもなかなか脂肪燃焼されません。

基礎代謝の高い人に比べ、同じ運動をしても痩せにくく、同じ食事をすると太りやすいという事になります。

基礎代謝は体重や筋肉量に比例します。筋肉量が増えると基礎代謝も上がるので「筋トレ」は必須です!

基礎代謝を上げて、日常生活や運動でも消費しやすい「痩せ体質」をつくりましょう。

ストレッチ→筋トレ→有酸素運動→ストレッチの順で行うと、消費しやすく疲労も残りにくいバランスのとれた運動となります!

あるある③:水分補給が出来ていない

  • コーヒーや紅茶、カフェインの入った飲み物が好き
  • お酒が好き
  • ジュースや栄養ドリンクなど、甘みのある飲み物をよく飲む
  • あまりお水を飲まない
運動をしても痩せない理由あるある③

カフェイン・アルコール・糖分が多く入った飲み物は、吸収されにくく水分補給にはなりません。

お水(または麦茶などカフェインレスのお茶)で水分補給をしましょう!

成人の身体は約60%以上、子供は約70%を水が占めていて、人間はほぼ水で出来ているとも言われています。

不足すると食事からも水分補給しようとするので、余計な食欲が湧いてしまうのです。
便秘予防や老廃物を出すためにも、水分は大切です!

1日に1.5~2ℓを(体重×40㎖を目安に)水分補給や食事から摂るのが理想です。吸収しやすいように、一気に飲まずに少しずつ摂取しましょう。

あるある④:無意識におやつを食べている

  • 飴玉1個、チョコレート1個など、間食にカウントしていない
  • 「お土産で貰ったから…」と、お饅頭やクッキーを食べている
運動をしても痩せない理由あるある④

小さな飴玉やチョコレートをいつも持ち歩いていたり、間食として認識していないと、その積み重ねがダイエットの邪魔となります。

周りの人にダイエットを公言しておくと協力してくれたり、お土産のおやつなど貰い物も断りやすくなりますよ。

あるある⑤:体重だけで判断している

体重が変わらない、又は増えたとしても、効果が出ている場合があります。

  • 体重は変わらない(又は増えた)けど、体脂肪が減っている
  • 体重は変わらない(又は増えた)けど、服に余裕がでてきた

この場合は、ダイエットとしては良い傾向です!

運動をしても痩せない理由あるある⑤

筋肉量が増え一時的に体重が増えたとしても、基礎代謝が上がり「痩せ体質」へと変わっていく途中です。

脂肪は軽くて体積が大きいため、体重の変動はあまりなくてもサイズが大きくなってしまいます。

筋肉はその逆で、重く体積が小さいため、体重が増えたとしてもサイズが下がるはずです!

ズボンのウエストや、服に余裕がでてきたらトレーニングの効果が出始めていますよ。

他にもあるある…

  • 早食いをしてしまう

早食いは血糖値を急上昇させ、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されます。

インスリンは脂肪を脂肪細胞へと取り込む役割があるので、脂肪を溜め込む「太り体質」を作ってしまいます。

  • タンパク質が足りていない

基礎代謝を上げるためには「筋トレ」が必須ですが、タンパク質が足りないと筋肉は作られません。

  • 睡眠不足

睡眠不足は代謝を下げ、冷え性や便秘の原因となります。
また睡眠不足であまり疲労回復できないと、筋トレをしても筋肉がつきにくく効果が下がります。

まとめ

「運動をしても痩せない理由」をチェックしてみて、いかがでしたか?

もし当てはまるものがあれば、改善しましょう!

ダイエットが目的であれば、基礎代謝を上げるための「運動」「食事内容」になっているかが重要です。

基礎代謝を上げて日常生活でいかに消費するか、食べても消費できる「痩せ体質」を作れるか、がダイエット成功の鍵となります。

ちょっとした事でも、毎日の積み重ねで身体は出来ていきます。

ぜひ、日ごろの生活習慣を見直してみてください。

伊豆山アユミ

「NESTA Diet&Beauty Specialist 」「JAPA 健康管理士」「JADPコアヨガインストラクター 」の資格を持ち、10年以上フィットネスインストラクターとして活躍中。
スポーツジムではダイエットトレーナーとして、女性専用フィットネスクラブでは店長を務め、その後フリーランスとなる。現在はパーソナルトレーニング、フィットネスサークル、シニアフィットネス、特定保健指導(メタボ対策)の講師として幅広く運動指導を行っています。

伊豆山アユミをフォローする
ダイエット
スポンサーリンク
KARATS カラッツ
タイトルとURLをコピーしました