焼酎でダイエット!重要ポイントを大公開

ダイエット
スポンサーリンク

最近、アルコール飲料の働きを上手に利用するダイエット方法に注目が集まっています。
ダイエット中は、アルコール類を避けるべきと言われて来ましたが、糖質を含まない「焼酎」を利用するダイエット方法もあるんですよ。
今回は、注目の「焼酎ダイエット」について詳しくご紹介したいと思います!

そもそも焼酎とは?焼酎のカロリーを把握しよう

焼酎は、「甲類焼酎」と「乙類焼酎」に分けられています。
まず、甲類は「新式焼酎」と呼ばれ、新しい方法で作られた焼酎を意味すると言われています。

乙類の方は「旧式焼酎」と呼ばれ、本格焼酎とも呼ばれています。
このように作り方によって分類されている焼酎ですが、カロリーにも若干違いがあります。

一般的に、甲類のカロリーは100グラムあたり約210キロカロリー。
これに対して、乙類は100グラムあたり約150キロカロリーと言われています。

どんな人に向いているのか?

焼酎はプリン体の量が少ないので、日常的に痛風を心配している方には向いているダイエット方法と言えます。

さらに焼酎には、血栓を溶かす働きがあると言われている「酵素ウロキナーゼ」を増やしてくれる効果も期待できるそうですよ。

焼酎ダイエットのやり方とは?嬉しい効果も!

焼酎の効果を利用して「酵素ウロキナーゼ」が増えた場合、血栓を溶かす働きによって血流改善効果につながると言われています。
慢性的なダイエットによって、体の冷えが気になる方には嬉しい効果ですよね。

お試しとして、まずは適量の焼酎(小さなコップ1杯程度)を飲み、体調の変化を見ながら徐々に取り入れて行く方法がオススメです。

焼酎の血流改善効果に伴い、新陳代謝も上がる効果が期待されますが、飲み過ぎてしまうとカロリーオーバーにつながるので注意しましょう。

さらに焼酎は、悪酔いの原因物質と言われる「アセドアルビド」の量が少ないとも言われていますが、飲み過ぎれば体調を崩す能性もあるので適度に飲むことが大切です。

また、純粋なアルコールに近いと言われている焼酎は「二日酔いしにくい」という特徴もありますが、健康とダイエット効果を考慮しながら続ける点がポイントになります!

飲むタイミングとしては、必然的に夜が多くなると予想されますが、知らずに量が増えていたという事にならないように注意が必要です。

自分自身の体質を考え、最初からの飲む量を決めておくように心がけるとダイエット効果も高まるでしょう。

焼酎ダイエットで代謝もアップ!

今回は「焼酎ダイエット」を紹介しましたが、いかがでしたか?
焼酎にはダイエット効果だけではなく、血流を良くしたり、嬉しい健康効果も期待できるなんて一石二鳥ですね。
続けやすいダイエット方法の一つとして、気軽に試してみてくださいね。


コメント

タイトルとURLをコピーしました