効果的なダイエットをするために知っておきたいこと6つ

ダイエット
スポンサーリンク

「何度もダイエットに失敗していて、なかなか痩せられない」という人は、ダイエットのやり方が間違っているのかもしれません。

そこで、ここではダイエットに成功するために知っておきたいポイントを6つご紹介します。

ダイエットをする上で重要なポイントをおさえて、効果的なダイエットをしていきましょう。

スポンサーリンク

ダイエットの計画を立てる

「計画 写真ac」の画像検索結果

「ダイエットをしよう!」と思ったら、始める前にまずダイエットの計画を立てることが大切です。

始めに明確なゴールを決めましょう。

ダイエットでは食事制限で我慢したり、運動をがんばったりする中で挫折しがちです。

そんな時、はっきりとした目標を持っておくことでモチベーションを維持しやすくなります。

「痩せたら今まで着れなかった服を着る」など、具体的なイメージを持っておきましょう。

ゴールが決まったら、どのくらいの期間で何kg痩せるかダイエットのスケジュールを立てます。

早く痩せたいからといって、無理なスケジュールを立ててしまうと、挫折しやすくなってしまい長続きしません。

余裕を持ったスケジュールを立てることで継続しやすくなり、長い目でみるとダイエットに成功しやすくなるのです。

すぐに効果を得ようとしない

「ダイエット メジャー 写真ac」の画像検索結果

すぐに効果を得ようとして焦らないようにしましょう。

ダイエットを始めたとしてもすぐに効果が出るわけではなく、最初の2週間くらいの間は効果を実感できないことの方が多いので焦る必要はありません。

最低でも2ヶ月は継続するようにして、気長に続けていきましょう。

コツコツ継続していくことが、ダイエット成功につながります。

体重を減らすことを重要視しない

「体重計 写真ac」の画像検索結果

ダイエットでは体重を気にしがちですが、体重を減らすことを重要視しないようにしましょう。

「体重が何kg減ったか」ということを気にしがちですが、脂肪よりも筋肉の方が重いので、トレーニングによって筋肉が増えてくると「体重は変わっていないけど痩せた」ということもあります。

必ずしも「体重が減った=痩せた」ということにはならないので、体重はそこまで気にしなくて大丈夫です。

食事をコントロールする

「サラダ 写真ac」の画像検索結果

ダイエットでは食事に気をつけることがとても重要です。

何をどれだけ食べるか、食べる食材や量を管理しましょう。

食事制限は必ずしも必要なわけではなく、食べる際に少しの工夫をするだけでも十分です。

例えば肉ではなく魚選ぶようにしたり、お肉を買うのであれば脂身が少なくて赤みの多いものを選んだりして、低カロリーになるよう工夫しながらバランス良く栄養を摂ることが大事です。

無理な食事制限でストレスを感じると、リバウンドのもとになってしまいダイエットが続かなくなってしまいます。

ダイエットで食事を我慢していて辛いと感じたら、難しく考えずに適度な食事を心がけるだけでOKです。

腸内環境を整える

「ヨーグルト 写真ac」の画像検索結果

腸内環境を整えることも大切です。

腸内環境を整えて老廃物がスムーズに排出されるようになるととぽっこりしているおなかを改善できます。

栄養バランスの良いヘルシーな食生活はダイエットする上で大切ですが、腸内環境が整うことで食物繊維など必要な栄養素をしっかり吸収できるようになります。

腸内環境を改善するだけでスッキリとしたおなかになる人もいます。

くびれのあるウエストを作るために、食物繊維やヨーグルトなど腸内環境の改善に役立つ食材を食べるようにしましょう。

運動で基礎代謝をアップさせる

「運動 写真ac」の画像検索結果

ダイエットする上で運動は欠かせません。

カロリー消費の多くは基礎代謝によるものなので、筋トレで筋肉量を増やすことによって基礎代謝をアップさせることができます。

筋トレで基礎代謝をアップさせたら有酸素運動で脂肪を燃やしましょう。

有酸素運動は脂肪燃焼に効果的で、有酸素運動を20分以上続けることで効果的に脂肪を燃焼することができます。

まとめ

ダイエットに成功するために知っておきたいポイントを6つご紹介しました。

「ダイエットになかなか成功できない」という人は、ぜひここでご紹介したポイントを確認して、再チャレンジしてみてください。

海野 波

自由なライフスタイルを求めてフリーライターになりました。
食べることと運動が好きです。
体に良い食生活を心がけながら、ダンスやキックボクシングで運動しています。

海野 波をフォローする
ダイエット
スポンサーリンク
KARATS カラッツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました