プチ断食ダイエットのやり方と効果を解説!1週間に6食を抜くだけ

ダイエット
スポンサーリンク

ダイエットはカロリーを制限することが1番重要です。プチ断食ダイエットでは、適度に食事を抜くことでカロリーを制限して体重を落とします。完全に断食するのではないので、無理なく続けることができるのです。また、断食によって健康的によい効果もあるので参考にしてください。

スポンサーリンク

プチ断食ダイエットのやり方

1週間に6食を抜く

プチ断食ダイエットでは1週間の21食のうち6食を断食します。6食を断食することによって、1週間で摂取するカロリーを8割以下にすることができるのです。それにより、必然的に体重が落ちていきます。可能であれば断食するのは朝ごはんではなく、お昼ご飯や夕ご飯にしてください。お昼ご飯や夕ご飯の方がカロリーが高く、断食することでより効果的なダイエットになります。

可能であれば断食デーを作る

プチ断食ダイエットは1週間に1回、完全に断食する日を作ると効果的です。続けて断食することで手早く体重を落とすことができます。1日丸々断食をしているときは、水分不足になりやすいので注意をしてください。断食を連続して行う場合は空腹を水で抑えつつ行いましょう。

断食後は消化に優しいものから食べる

続けて断食をした後は胃に優しい食事から食べる必要があります。食べていない状態が長続きすると胃腸が弱ってしまい、通常の食事でダメージを受けてしまします。1日以上続けて断食した際は、繊維の少ない野菜やスープなど消化に良いものから胃に入れるようにしましょう。
また、空腹が続いたのちに糖質を摂ると、急激に血糖値が上がってしまい逆効果です。葉物野菜やきのこ類は血糖値の上昇が緩やかなので、葉物野菜やきのこなどをベースにしたスープから食べると良いですよ。

断食中はカロリーない飲み物を飲む

断食中は完全に飲み物を断つ必要はありません。コーヒーや紅茶などカロリーのない飲み物を飲んで、空腹の気持ち悪さを抑えましょう。また、飲み物だけではなく、カロリーの非常に低い食べ物なら食べても問題ありません。どうしても何か食べたい場合は葉物野菜を中心にカロリーの低い物を食べましょう。

プチ断食ダイエットの効果

血糖値をおさえることができる

プチ断食ダイエットを行うことで血糖値が下がるだけでなく、インシュリンの抵抗性を減らすことができます。それにより、血糖値が安定して急激に上昇するのを防ぎ糖尿病の予防につながるのです。これは男性より女性の方が効果がでます。また、断食を行うと糖質の摂取量が減るので、血糖値を必然的に抑えることができますよ。

便秘が解消される

プチ断食ダイエットを行うことで便秘が改善されます。食事をしないことで胃腸にあるものが排出されて、デトックス効果が期待できるのです。プチ断食ダイエット中は水を多く飲むので、より効果的に体内の毒素が排出されます。胃腸の調子が悪い人やぜひプチ断食ダイエットで胃腸の調子を改善しましょう。

まとめ

適度に食事を抜いて行うダイエット

プチ断食ダイエットは適度に断食を行うことで行うダイエット方法。たまに断食をするだけで良いので比較的継続しやすいです。断食を行うときは水をたくさん飲むようにすることと、断食後の食べ物を消化によい血糖値が上昇しにくいものすることを忘れないでください。

プチ断食ダイエットは健康に良い

プチ断食ダイエットは健康に良い点が多くあります。断食をすることで体内の毒素を排出して臓器の調子をが改善したり、血糖値の調子が整ったりと体に嬉しいことが多いですよ。体の調子を整えつつ行えるダイエットなので、健康志向が高い人でも行えるダイエット、簡単に行うことができるのでぜひ実践してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました