緑茶ダイエットのやり方と緑茶の健康効果を紹介

ダイエット
スポンサーリンク

緑茶には脂肪を落としてくれたりコレステロールの吸収を抑える効果があります。この記事ではそんな緑茶を用いたダイエットから緑茶の健康効果まで詳しく紹介しています。緑茶をうまく飲んで体重を落としましょう。

スポンサーリンク

緑茶ダイエットのやり方

飲み水を緑茶に置き換える

緑茶ダイエットは日頃飲んでいる飲料を緑茶に置き換えます。ジュースなどの甘い飲み物を飲んでいる人は緑茶に置き換えることでカロリーを抑えることができます。また、普段飲むより多くの量の水分を緑茶で摂りましょう。緑茶をたくさんのんで体重を落としましょう。

食事の前後に飲む

食事前

食事前に緑茶を飲むことで血糖値の急激な上昇を抑えることができるので、食事が脂肪になるのを抑えることができます。また、食事の前に飲むことで暴飲暴食してしまうのを防ぐことができるのでダイエットに効果的です。

食事後

食事後に緑茶を飲むことで脂質の代謝を上昇させて脂肪にがつくのを抑制します。カテキンがコレステロール値を改善したり、エネルギーの消費量を増やしたりすることができるので、食後に飲むと効果的です。

緑茶の健康によい点

脂肪を燃焼させる

緑茶には脂肪を燃焼させるこうかがあります。緑茶に含まれているカフェインが脂肪を燃やすのです。脂肪の燃焼を促進したり、運動をした時のパフォーマンスを向上させます。また、緑茶に含まれているカテキンが脂肪を燃やします。代謝を上げることができるので、太りにくい体を手に入れることができますよ。

運動のパフォーマンスを上げる

緑茶には運動時のパフォーマンスを向上して脂肪が燃えやすくなる効果があります。常に緑茶を飲むことで脂肪燃焼の効果を強く受けることができるのですが、運動の前に飲むだけでも効果があるのです。また、緑茶は運動をしていない時に飲んでも効果があるので常に飲むようにしましょう。

虫歯や口臭を防ぐ

緑茶には殺菌作用があり、虫歯や口臭を防ぐことができます。口臭や虫歯はほとんどがミュータンス菌が原因です。そのような細菌を緑茶が殺してくれるので、虫歯や口臭の改善に役立ちます。また、緑茶でうがいをするのもおすすめです。飲むだけではなく、緑茶でうがいをすることで口内の菌を殺すことができます。緑茶の殺菌効果を利用して虫歯と口臭を改善しましょう。

覚醒作用がある

緑茶にはカフェインが含まれているので覚醒作用があります。コーヒーに比べるとカフェインのがんゆうりょうはすくないのですが、覚醒作用を引き起こすには十分です。また、コーヒーほど含まれていないので、緑茶をたくさん飲んでもカフェイン中毒になりづら胃ので安心です。緑茶に含まれているLアテニンにも高ストレス作用があり、カフェインと相乗効果をもたらすのでより脳がすっきりとします。コーヒーを飲んだ時の覚醒作用を得たい人は緑茶をのんで覚醒作用をえるのがおすすめです。

コレステロール値を安定させる

緑茶にはコレステロール値を安定させる効果があり、生活習慣病を予防するのにつながります。毎日緑茶を飲むことで効果を得ることができるので、継続して飲みましょう。これは緑茶にコレステロールの吸収を抑えることでコレステロール値を安定させるので、どうしても継続して飲めない人は、油っぽい食事の前では緑茶を飲みましょう。

まとめ

水を緑茶に置き換えてダイエット

緑茶ダイエットは水を緑茶に置き換えて行うダイエットです。緑茶を常飲することで、脂肪がつきにくくなり、燃えやすくなるので減量につながります。とくに、食事前や後に飲むことでコレステロール値を抑えたり、脂肪の吸収を抑えるのでダイエットに効果的です。緑茶をたくさん飲むことでダイエットを行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました