ダイエットにおすすめ!高たんぱく質・低カロリーな食材4選

ダイエット
スポンサーリンク

たんぱく質はカロリーを消費しやすくしてくれるのでダイエットに効果的です。

ですがお肉などたんぱく質が豊富な食材には高カロリーなものもたくさんあります。

そこで、たんぱく質が豊富で低カロリーな食材をピックアップしました。

ダイエット中の食生活におすすめな高たんぱく質・低カロリーな食材を4つご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

赤身肉

赤身肉に豊富に含まれている「L-カルニチン」は、脂質を代謝するのに欠かせない栄養素です。

脂質の代謝は、細胞の中にあるミトコンドリアで行われています。

脂質が体内に入るとまず脂肪酸に分解されて、L-カルニチンによってミトコンドリア内に運ばれて脂質が代謝されます。

L-カルニチンをたくさん摂取することによって脂肪の代謝がスムーズに行われるようになるので、体に脂肪として蓄積されにくくできるのです。

赤身肉を買う時には、肉の質にこだわって選ぶことが大切です。

L-カルニチンは肉の赤身の部分が多ければ多いほどたくさん含まれています。

肉類の中では牛肉に最も多く含まれていて、次に多いのが豚肉で、次が鶏肉となっています。

高野豆腐

高野豆腐は植物性たんぱく質がたくさんとれる食材です。

たんぱく質は、動物性たんぱく質と植物性たんぱく質を2:1の割合で摂るのが理想とされています。

植物性のたんぱく質には主に大豆製品に含まれている大豆たんぱく質があります。

高野豆腐は大豆たんぱく質が豊富で、乾燥食品なので栄養がぎゅっと凝縮されているのでとくにおすすめの食材です。

チアシード

チアシードには良質なたんぱく質が多く含まれています。

たんぱく質は約20種類のアミノ酸から作られていますが、人間の体は約20種類あるアミノ酸のうち9種類のアミノ酸は体内で作ることができないので、食べ物からとる必要があります。

この9種類のアミノ酸のことを「必須アミノ酸」といいます。

肉や魚、卵といった動物性たんぱく質には必須アミノ酸がバランスよく含まれていますが、野菜などの植物性たんぱく質には一部のアミノ酸の含有量が少ない食材が多いのです。

ですが、チアシードには9種類の必須アミノ酸がバランスよく含まれているのです。

キヌア

キヌアは栄養がたっぷり含まれていて、たんぱく質も豊富です。

たんぱく質の含有量が多く、私たち日本人の主食である精白米とたんぱく質の量を比べるとキヌアは2倍以上も含まれています。

さらにキヌアに含まれているたんぱく質は牛乳に匹敵するほど良質であることも注目すべきポイントです。

チアシードと同時に、キヌアには9種類の必須アミノ酸もバランスよく含まれている植物です。

必須アミノ酸がバランスよく含まれているかを示す数値に「アミノ酸スコア」というものがあります。

アミノ酸スコアが高いものを見ると、豚肉、卵、牛乳、大豆などは「100」となっていて、必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

一方アミノ酸スコアが低いものを見ると、精白米は「61」、トマトは「51」、りんごは「56」となっています。

キヌアのアミノ酸スコアは「85」となっていて、魚介類や畜肉には劣りますが植物の中では高い数値となっています。

必須アミノ酸をバランスよく含んでいる食べ物なので、動物性タンパク質の代わりになるともいわれています。

まとめ

ダイエット中におすすめな高たんぱく質・低カロリーな食材を4つご紹介しました。

たんぱく質はカロリーを消費しやすくしてくれるのでダイエットに効果的です。

高たんぱく質・低カロリーな食材を活用すれば、たんぱく質をヘルシーに取り入れることができるのでダイエットにおすすめです。

効率良いダイエットをするために、ぜひ今回ピックアップした食材を活用してみてください。

海野 波

自由なライフスタイルを求めてフリーライターになりました。
食べることと運動が好きです。
体に良い食生活を心がけながら、ダンスやキックボクシングで運動しています。

海野 波をフォローする
ダイエット
スポンサーリンク
KARATS カラッツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました