ダイエット中の夜に食べても太らない軽食

ダイエット
スポンサーリンク

この記事では、ダイエットをしている人が夜に食べても太らない軽食をまとめています。夜に高カロリーのお菓子などを食べるは良くないのですが、低カロリーの食べ物であれば問題ありません。夜に我慢しきれずに食べたくなってし待った時のために、カロリーの低い食べ物を用意しておきましょう。

スポンサーリンク

夜に食べても太らない軽食

ピスタチオ

ピスタチオはカロリーが低く一握り程度の量であれば寝る前に食べても問題ありません。また、ピスタチオには睡眠を促進するメラトニンという物質が多く含まれています。他のナッツ類と比べても高く、寝る前に食べることによって寝つきが良くなります。もちろん、食べ過ぎてはダメなのですが、普通に食べる分には問題ありません。寝付けずに何か食べたいという時にピスタチオはベストな食べ物です。

クラッカー

全粒粉でできたクラッカーはカロリーが低くタンパク質を含んでいるのでダイエットにおすすめの夜食です。血糖値が上昇しにくいので、脂肪になりずらくある程度食べても問題ありません。クラッカーだと味気ないので、一緒に低脂肪のチーズを合わせましょう。低脂肪のチェダーチーズやカッテージチーズがおすすめです。クラッカーとチーズの相性はよく、一緒に食べると血糖値を安定させて脂肪になりにくいです。

ヨーグルト

ヨーグルトは低カロリー高タンパクで、なおかつ睡眠の改善も期待できる夜食にぴったりの食べ物です。夜にヨーグルトを食べることによって、セガインタンパク質を摂取し、翌朝起きた時にひどい空腹状態になっているのを防いでくれます。ヨーグルトを食べる際に砂糖を加えてしまうとカロリー過多になってしまうので、果物などと一緒に食べましょう。また、ヨーグルトを選ぶ際は脂肪が含まれていないものを選ぶとよいですよ。

バナナ

バナナはカロリーが低く、メラトニンの量を増やして睡眠を促進してくれます。また、カリウムを多く含んでいるので筋トレをしている人に効果的な果物と言えます。繊維も豊富で体内の環境を整えて満腹感を与えてくれるので、減量に役立ちます。簡単に入手することができ、常温で保存できるので手軽に食べることができます。少しの牛乳とバナナでバナナミルクを作って、小腹が空いている時に飲むのがおすすめです。1杯のババなミルクを作るだけの牛乳であれば100キロカロリー程度なので、夜に飲んでも問題ありません。

いちご

いちごはカロリーが低くビタミンCを多く含んでいます。また、睡眠を促進するメラトニンも多く含んでいるので夜食に最適です。いちごは300gたべても100キロカロリー前後でかなりの量を食べても問題ありません。ビタミンCを大量に含んでいるので、抗酸化作用が働き免疫力が上がり、美肌にもつながります。もし、いちごの旬の季節なら冷蔵庫にストックしておき夜食にするのがいいかもしれません。

枝豆

枝豆はタンパク質を多く持っていて、そこまでカロリーが高くないので、夜食におすすめです。最近はコンビニで手軽に枝豆を買うことができます。また、枝豆はトリプトファンを多く含んでいて、睡眠を促進してくれるメラトニンの生成を助けます。夜に食べることで眠りやすくなりタンパク質も補うことができます。

まとめ

夕食をしっかりと食べて足りなければ低カロリーの食べ物を

ダイエットをするなら、夜食は食べないに越したことはありません。なるべく夕食をしっかりと食べて、お腹が空かないようにするべきです。しかし、それでも食べたくなってしまうときはあります。そういう時に、この記事で紹介した低カロリーの食べ物を選んで、空いた小腹を静めましょう。ダイエットは継続することが大切です。少し食べたいなと思う時のためにカロリーの低い食べ物を用意しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました