かんたんに作れる味噌玉で痩せやすい身体をつくろう!

ダイエット
スポンサーリンク

忙しいときでも簡単に作れて、後1品!の救世主にもなる味噌汁。

そんな味噌汁をさらに手軽に毎日の食事に取り組め、持ち運びにも便利と、近年”味噌玉”が流行っています。

これまで、インスタント味噌汁を買っていた方でも、味噌玉をサッと隙間時間に作ってストックしておくだけで、健康的にダイエットできるので今日から始めてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

味噌は痩せる?味噌に含まれるダイエット成分とは?!

脂肪を燃焼して、脂肪をため込まない身体を作る。

女性なら誰もが気になり、出来ればため込みたくないのが”脂肪”。

そんな脂肪を分解・燃焼してくれたり、ため込みにくくする栄養素がたくさん含まれています。

  • 大豆サポニン:脂肪の吸収を抑えてくれる。
  • 大豆レシチン:身体についた脂肪を分解する。
  • 大豆ペプチド:脂肪燃焼に欠かせない筋肉を作ってくれる。
  • ロイシン・イソロイシン・ビタミンB群:体脂肪を燃焼してくれる。
  • メラノイジン:血糖値の急上昇を緩やかにし、脂肪をため込みにくくしてくれる。

便秘解消でお腹もスッキリしてくれる。

味噌には、大豆由来の植物性乳酸菌が豊富に含まれていて、腸内環境を整えてくれます。

また、味噌の乳酸菌は加熱しすぎなければ、腸まで届いて働いてくれるので、味噌玉として食べることで、無駄なくお腹まで乳酸菌が働いてくれます。

また、大豆に含まれるレシチンは、身体の中の毒素を排出してくれるデトックス効果もあるので、便秘解消にさらに一役かってくれます。

便秘解消でお腹もスッキリしてくれる。

体温をしっかりあげて、痩せ体質に近づける。

味噌にはたくさんの栄養素が含まれていますが、その中でもビタミンEが特に豊富。

ビタミンEは、身体の末端にある抹消血管を広げて血行を良くする働きもあるので、ダイエット効果はもちろん、夏のクーラーや冬の季節による冷え性で悩まれている方には特にオススメです。

血糖値の急上昇を押さえてくれる。

脂肪をため込んでしまう原因の1つが”血糖値”。

血糖値が急上昇することで、正常に戻そうとしてインスリンというホルモンが働いてくれるのですが、このインスリンには脂肪の燃焼を止める働きの他にも、血液中にある糖分を脂肪に変える働きもあります。

しかし、味噌には発酵・熟成の過程で”メラノイジン”という物質が作られます。

このメラノイジンが、急激な血糖値の上昇を抑制してくれる働きがあります。

ダイエットに向いている味噌の種類

味噌には主に、赤味噌・白味噌・合わせ味噌がありますが、どの味噌がダイエットに向いているのでしょうか?

赤味噌は、熟成期間が長いためコクがあるのが特徴です。熟成期間が長いため、血糖値の急上昇を抑制してくれるメラノイジンが豊富に含まれています。

しかし、赤味噌に比べて熟成期間が短い白味噌には、麹が倍以上含まれているため、酵素が体重増加を防いでくれる役割があります。

種類によって得られる栄養素も変わってきますので、気分で色々な味噌を選ばれてみてはいかがでしょうか?

ダイエットに向いている味噌の種類

味噌玉の作り方

これまでは、味噌のダイエット効果についてご紹介してきました。

これらのダイエットに効く成分を効率よく取り入れるために、さっそく味噌玉を作ってみましょう!

基本の味噌玉の作り方

味噌玉の基本はとっても簡単!

味噌(大さじ1)と鰹節(小さじ1)またはだしパック(2g)に、お好みの具材を混ぜ合わせて丸めるだけです。

製氷機で1回分ずつ作るのもよし、タッパーにまとめて入れておくのもよし、お弁当にはラップで包んで持ち運びする方法が重宝されています。

オススメの具材は、とろろ昆布や乾燥麩、乾燥のり、あおさ、さくら海老などの乾燥食材の他にも、ショウガ、ネギ、みょうが、大葉といった香味野菜、漬物などです。

しかし、漬物を使う場合は塩分が多く、塩辛くなるので味噌の量を減らすようにしましょう。

味噌玉に使える食材は、台所で余りがちな食材の消費にも使えるので、冷蔵庫掃除にも一役かいそうですね!

味噌玉の保存方法

味噌玉は、作るとすぐに食べないといけないというわけではありません。

冷蔵保存だと1週間、冷凍保存だと3~4週間持ちます。

冷凍しても味噌は固まらないので、お湯に溶かすとすぐに使えて便利です。

味噌玉の保存方法

まとめ

味噌はダイエットはもちろん、アンチエイジングや健康にもいい食材の1つです。

インスタントで取り入れることも可能ですが、手軽に作れる上に、台所のお掃除にも役立つ味噌玉作り。

今日から味噌玉ライフを始めてみませんか?

住吉 彩

病院で1000人以上の食事指導、栄養管理を経験。現在は”食のチカラで、心も身体も健幸美人で溢れる社会を作りたい!”という思いから独立し、講座を主宰したり、講演、執筆、監修などを行っている。趣味は家庭菜園。万年ダイエッターを卒業するためのポイントをまとめたメルマガも配信中!(https://resast.jp/subscribe/121468/153912)

住吉 彩をフォローする
ダイエット
スポンサーリンク
KARATS カラッツ
タイトルとURLをコピーしました