食事制限しないダイエット!食べるもの・食べ方を選べばOK

ダイエット
スポンサーリンク

ダイエットは食事制限するものだと思うかもしれませんが、実は食事制限しなくても痩せられます。

食べるもの・食べ方を選んで工夫すれば、食べることを我慢せずにダイエットできるのです。

ここでは食事制限しないでダイエットする方法をご紹介します。

ダイエットに効果的な食べるものや食べ方について紹介していくので、「痩せたいけど食べるのを我慢するのが辛い」という人は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

食事で気をつけるべきなのは、カロリーよりもGI値

ダイエットではカロリー制限をするべきだと思いがちですが、実はカロリーよりも「GI値」の方が食事において気をつけるべき重要なポイントなのです。

GI値というのは血糖値の上昇度を表した数値です。

ダイエットする上では血糖値の上昇が緩やかなGI値の低い食品を摂取することが大切です。

食事を食べると血糖値が上がりますが、すい臓から出るインスリンがこの上昇した血糖値を下げてくれます。

ですがインスリンは糖を脂肪として溜め込む働きがあるので、インスリンが余計に分泌されてしまうことで太ってしまうとも言われています。

GI値が70以上である食べものがGI値が高い食品であるとされています。

GI値が56〜69である食べものは標準的なGI値の食べもので、GI値が55以下である食べものがGI値の低い食べものです。

ダイエットするためには、GI値が55以下である低GI値の食べものを積極的に選んで食べるようにしましょう。

GIの高い食べもの

白米、お餅、食パン、うどん、じゃがいも、チョコレートなど

GIが標準的な食べもの

パスタ、里芋、かぼちゃ、アイスクリームなど

GIの低い食べもの

玄米、全粒粉のパン、そば、肉、魚、豆、ヨーグルトなど

食べたいときは食べる!太りにくいおすすめの食べ方

太りにくい食べ方をすれば食べるのを我慢しなくても大丈夫なので、食べたいときには食べましょう。

食べるのを我慢してストレスをためると太る

「食べてはいけない」と禁止してしまうとストレスになってしまいます。

ストレスは精神的に辛いだけでなく、体が脂肪を溜め込みやすくなってしまいダイエットにも逆効果です。

太りにくいおすすめの食べ方をご紹介していくので、食べたいときには食べ方を工夫して食べればOKです。

太りにくい食べ方

血糖値をゆるやかに上げる食べ方をすることが大切です。

食べる順番も大切なので、食事をするときには低GIの食べもの→高GI値の食べものという順番で食べるようにすることをおすすめします。

チョコなどGI値やカロリーの高いものを食べるときには、その前にヘルシーでGI値の低いナッツなどを食べてから30分後にチョコなどを食べるようにします。

空腹時にGI値やカロリーの高いものだけを食べることが太る原因だと言われています。

GI値の低い食べものを最初に食べることで、血糖値が急激に上がることを避けて太りにくい食べ方をすることができます。

ダイエット中におすすめの食べもの

同じ炭水化物でも白米などの白いものよりも、玄米などの茶色いものの方がGI値は低くなります。

ダイエットに食べるのにおすすめのGI値が低い食べものには、玄米・全粒粉のパン・そば・肉・魚・豆・ヨーグルト・酢・パプリカなどがあります。

中でもとくにおすすめの食べものを以下に4つご紹介します。

玄米

栄養価が高くて食物繊維が豊富です。

かみごたえもあるので満腹感が得られます。

アーモンド

ビタミンEや食物繊維、オレイン酸などを含んでいます。

糖質が低いので間食するのにもおすすめです。

血糖値が上昇するのをおさえてくれます。

便秘解消にも効果があります。

パプリカ

ピーマンよりもビタミンCが多く含まれています。

ビタミンAやビタミンEなど、美容に良い栄養素がたくさん含まれています。

まとめ

食事制限しないでダイエットする方法をご紹介しました。

食事制限しなくても、食べるもの・食べ方を選んで工夫すればダイエットできます。

ぜひここでご紹介した内容を活かして、おいしく食べながらダイエットしてみてください。

海野 波

自由なライフスタイルを求めてフリーライターになりました。
食べることと運動が好きです。
体に良い食生活を心がけながら、ダンスやキックボクシングで運動しています。

海野 波をフォローする
ダイエット 食事
スポンサーリンク
KARATS カラッツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました