食べる順番ダイエット!無理なく痩せられる減量方法

ダイエット
スポンサーリンク

この記事では食べる順番を意識することで、体重を落とすことができる食べる順番ダイエットについて紹介します。食べる順番を変えるだけ?と疑問に思うかもしれませんが、順番を変えることで大きく体重を落とすことにつながります。詳しいやり方を紹介しているのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

食べる順番ダイエットとは?

血糖値を抑えるダイエット

食べる順番ダイエットとは、糖質の食べる順番を食事の最後の方にすることで血糖値の上昇を抑えて行うダイエット方法です。血糖値を抑えることで脂肪がつきにくく痩せることができます。白米と一緒におかずを食べたくなる気持ちが出てきますが、抑えてご飯だけを最後に食べるのがベストです。食べる順番ダイエットで無理なく減量しましょう。

食べる順番ダイエットのやり方

水を食事前に飲む

食べる順番ダイエットに必須ではありませんが、水を食事前に飲むのがおすすめです。お水を食事前に飲むことでより血糖値の上昇を抑えることができますよ。また、水を飲むことで食べ過ぎの予防につながります。食事の前にコップ1杯のお水を飲むことで、食べる順番ダイエットを効果的に行いましょう。

野菜を最初に食べる

食べる順番ダイエットでは最初に野菜を食べます。野菜を最初に食べることによって食物繊維を摂ることができ、消化がゆっくりになるのです。消化がゆっくりになることで、そのあとに他食べるお肉やお魚の消化もゆっくりになり、脂肪になりにくくなります。
また、食べる野菜は食物繊維が多いものが良いので、根菜や海藻のサラダがおすすめです。食物繊維は腸内環境を整えてくれるので、便秘やむくみの解消につながります。

野菜の次に主菜を食べ最後に炭水化物

ご飯の前にお肉やお魚などの主菜を食べることで、血糖値の上昇を抑えることができます。また、野菜を先に食べているので、お肉やお魚のカロリーが脂肪に変わるのを抑制してくれるため、より効果的に痩せることができるのです。食事の最後に炭水化物を持ってくることで、血糖値の上昇を抑えることができ、太りにくくなりますよ。

汁物がある場合は野菜の前に飲む

汁物がある場合は野菜を食べる前に飲むようにしましょう。暖かいスープを最初に飲むことで、脂肪を燃えやすくしたり消化を緩やかにしてくれたりします。また、空腹時に食事をすると急激に血糖値が上がりやすいのですが、汁物から飲むことでそれを防いでくれます。

カロリーを抑える

食べる順番ダイエットといっても普通の食事ではダイエットの効果が期待しづらいです。体重が重い人であれば、食べる順番を変えるだけでも効果が出やすいのですが、痩せている人がそれ以上痩せようとするのは難しいです。もし、そこまで太っていないけど食べる順番ダイエットをしたいという人は炭水化物の量を減らしましょう。炭水化物を食事の最後に持ってきているので、量を減らしても苦になりません。

間食に気を遣う

ダイエットを行うときには間食を食べるべきではありません。特に、スナック菓子やチョコレートはカロリーが高いのでやめましょう。砂糖が多く含まれている物を食べてしまうと血糖値が急激に上昇するので、食べる順番ダイエットの意味がなくなってしまいます。自分の目標にあわせて、間食を制限しましょう。

まとめ

食べる順番ダイエットで無理なく減量

食べる順番ダイエットは、食事で食べる順番を変えるだけで行えるダイエット方法です。血糖値の上昇を抑えて太りにくい食事をすることができます。しかし、カロリーを制限しているわけではないので、手早く痩せることはできません。もし、脂肪を多く落としたいなら食べる順番ダイエットと並行して運動や糖質制限を行う必要があります。自分の目標に合わせた食べる順番ダイエットを行ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました