甘酒ダイエットの正しい方法を解説!おすすめの飲み方やタイミングをご紹介

ダイエット
スポンサーリンク

飲む点滴とも言われるほど、美容効果が期待できる甘酒。最近では、ダイエットに取り入れることでも効果的と高い人気を得ていますね。

実際に甘酒ダイエットに挑戦した方の口コミを見てみると、効果が無かったという声も…。

しかし、きちんとポイントを抑えれば甘酒ダイエットは成功するんです!そこで本記事では、甘酒の飲み方やタイミングについてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

甘酒がダイエットに良い理由

甘酒には血糖値を上げて満腹感を得られるブドウ糖が豊富に含まれています。そのため甘酒を朝食として飲んだり、食事の前に摂取することで、食べ過ぎを防いでくれる効果が期待できます。

また、脂肪燃焼を助けてくれるアミノ酸が含まれているのも、ダイエットに効果的と言われる理由です。

無理な食事制限では、必要な栄養を摂取しきれず体調を崩してしまったり、ストレスから長続きしないことも…。

しかし甘酒は栄養も豊富で味も美味しいため、長く続けられる人が多いのです。

また、ほんのり甘い甘酒は、ダイエット中控えることの多いおやつの代わりとして飲むのもおすすめです。

甘酒ダイエットのポイント

甘酒ダイエットをより効果的にするためには、ポイントをしっかり抑えて実践しましょう。

米麹で作られたものを選ぶ

甘酒には酒粕で作られたものと、米麹で作られたものがあります。甘酒ダイエットでおすすめなのは、米麹の甘酒です。

酒粕から作られた甘酒は甘さを加えるためにお砂糖などが含まれていることがほとんどです。しかし米麹の甘酒は天然の甘さでできており、上記で説明したブドウ糖やアミノ酸が含まれるだけでなく、酒粕で作られたものよりも低カロリーなのです。

また、アルコールに弱い方の場合酒粕の甘酒は飲みづらく感じますよね。米麹の甘酒ならお酒特有の匂いもしませんし、とても飲みやすいです。

甘酒ダイエットをする場合は、酒粕の含まれていない100%米麹でできた甘酒を選びましょう。

効果的な飲み方やタイミング

甘酒ダイエットの方法は2つあります。

  • 食事代わりにコップ一杯の甘酒を飲む
  • 毎食前に少量の甘酒を飲む

食事の置き換えとしてコップ一杯(200ml程度)の甘酒を飲む、または食事の前に少量(30ml程度)の甘酒を飲む方法がおすすめです。

置き換える場合ですが、毎食甘酒だけというのは1日の摂取カロリーが極端に少なくなってしまい効果的とは言えませんし、健康にも良くありません。

1日1回、おすすめは朝食を甘酒にする方法です。代謝を上げることで朝から活動的に過ごせます。また時間がなく忙しい朝でも簡単に飲めるのも嬉しいですね。

置き換えるのはちょっと…。という方は、食事の前に少量の甘酒を飲む方法がおすすめです。血糖値を上げてくれるため、食べ過ぎを防いでくれる効果が期待できます。

毎食30分前くらいに甘酒を飲むようにしてみましょう。

甘酒ダイエットの注意点

甘酒ダイエットは、甘酒を飲めば痩せるというわけではありません。あくまでも食事の代わりとして飲むことで摂取カロリーを抑える、甘酒に含まれる成分によって食べ過ぎを防ぐというものです。

そのため大量に飲んでは多くのカロリーを摂取することになりますから、きちんと1日に飲む量を決めて飲みましょう。

また、一気にごくごくと飲んでしまうと、血糖値が急上昇して体に負担がかかってしまいます。ゆっくりと飲むように心がけることが大切です。

甘酒でキレイに痩せよう!

以上、甘酒ダイエットをより効果的にするためのポイントや注意点についてご紹介しました。

甘酒はスーパーやコンビニでも手軽に購入できますから、始めやすいダイエット方法ですよね。

無理な食事制限などはせず自分の体調と相談しながら甘酒ダイエットを取り入れて、ダイエットを頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました