野菜ダイエット 本当にカロリー問題はそれで大丈夫?

ダイエット
スポンサーリンク

いろいろみなさんはダイエットの方法について考えていることでしょう。何がカロリーが高くて何が低いのかおおかた既存のイメージで解決していることはないでしょうか。

そこで、野菜・サラダダイエットに辿り着く方々も多くいます。本当にその野菜ダイエットが効果的なのかしっかり検証してみましょう。

スポンサーリンク

野菜ダイエットだから間違いないのではない

野菜ダイエットをするから、間違いなくダイエットに成功するという考えは訂正が必要です。

じゃがいもがサラダに入っているということもあるでしょう。サラダという名前がついているからポテトサラダも安心という姿勢はちょっと問題ありということに薄々気付くかもしれません。

じゃがいもだけでなく、さといや、かぼちゃ、にんじん、とうもろこしと言ったものも糖質を多く含んでいてカロリーは高めです。

食べ過ぎてしまうと肥満の原因になることがあります。

春雨、マカロニと言ったものが入っているパスタサラダもよく見かけますよね。

それでもサラダという名前がついているからどこか安心してしまっているのではないでしょうか。パスタサラダは炭水化物がメインのサラダですからカロリーが高く、ダイエット向きではありません。

こんな野菜はカロリーが高い

黒豆はカロリー 289kcal/100gと非常に高めです。黒豆を食べれば、板チョコ一枚程度食べたことになります。黒豆は、黒大豆とも言います。種皮にアントシアニン系の色素を含んでいるから色は黒めです。

アントシアニンはポリフェノールの一種なので健康にはいいかもしれないですよね。お正月には、黒豆を一杯食べるという人たちも多いのかもしれませんが、そもそも黒豆でダイエットをしようという人たち自体いないのかもしれません。

黒豆はそこそこに、そんなに一杯食べるものでもないでしょう。

枝豆ダイエットをしようという人たちもいるのではないでしょうか。枝豆には 135kcal/100gのカロリーがあります。

枝豆ダイエットというのもおすすめではありませんし、夏に枝豆とビールというのもちょっと注意した方がいいかもしれません。

にんにくもダイエット向きではありません。にんにくのカロリーは134.1kcal/100gです。ただしにんにくは免疫力を高めたり、アリシンが含まれていて強力な抗酸化作用など期待することができます。

ラーメンにすりにんにくのトッピングというのでは、カロリーの高いラーメンに駄目オシしてしまう自殺行為です。

あと、カロリーの高いダイエット向きでない野菜は、そら豆 108kcal/100g、唐辛子 96.1kcal/100g、グリーンピース 93kcal/100g、とうもろこし92kcal/100g、れんこん 66kcal/100g、ごぼう 65kcal/100g、にんにくの茎 45kcal/100gあたりです。

もともと実際に野菜なら低カロリーという方程式はないということです。野菜ダイエットをするにしても、どのような野菜を食べているのか慎重にチェックする必要があります。

野菜だけでなくドレッシングにも注意したい

野菜ダイエットと向き合うときドレッシングも大事なポイントとなりそうです。野菜ばかり低カロリーでも、ドレッシングのカロリーが非常に高いということは実際によくあるパターンです。

油分や糖質などがたっぷりと含まれているドレッシングのカロリーは意外と多いと思っていた方がいいでしょう。

野菜では物足りないからドレッシングをジャバジャバかけてしまっていることはないでしょうか。

カロリー重視で選択するのならノンオイルタイプのものを選択するといいです。

またドレッシングの中には、食品添加物を多く配合しているものもあります。そのようなものも注意してください。

良質な油は、ダイエットのいい効果を与えくれます。油を何もかも敵視しないで、オリーブオイルやエゴマ油、亜麻仁油など選択するといいでしょう。

まとめ

いかがでしょうか。野菜ダイエットが効果的かそうでないか、それはあなたの追求心にありそうですね。

野菜ダイエットなら何でもいいということでは決してないのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました