スーパー代謝アップダイエットで食べながら痩せる!おすすめ食事メニューで脂肪燃焼

スーパー代謝アップダイエットで食べながら痩せる!おすすめ食事メニューで脂肪燃焼 ダイエット
スポンサーリンク

断食で痩せたけれどリバウンドが起こってしまった!という失敗をしたダイエッターの皆さん、食事をしながら減量できるスーパー代謝アップダイエットを試してみませんか?年齢や乱れた食生活で低下しやすい代謝を高めてくれます。

お腹がぽっちゃりして体重が落ちにくい悩みも、スーパー代謝ダイエットで解決!食べても太りにくい体をいち早く実感するためにも、ここでスーパー代謝ダイエットのやり方を隅々までチェックしましょう!

スポンサーリンク

スーパー代謝ダイエットとは?

スーパー代謝ダイエットとは?

近年で多くのダイエッターが成功した、スーパー代謝ダイエットの特徴をまとめました。

代謝を高め脂肪燃焼を促進

食事をしっかり食べると、絶食をするより太りにくい体質になります。それは代謝が落ちずに、脂肪燃焼しやすい体になるからです。スーパー代謝ダイエットはこのポイントを重視し、独自の食事法により代謝を促進します。

食事を抜いたり、置き換えをしたりするダイエットでは、即効的な減量が期待できます。しかしそれは一時的な作用であるほか、体が飢餓状態になっては代謝が悪い体になってしまいます。またリバウンドも起こりやすく、結局ダイエットに失敗してしまうのです。

スーパー代謝ダイエットなら、理想体重を維持できるように体の代謝メカニズムを調整。適切な食事で正常に機能させることにより、食べても太らない体になります。

3つのフェーズを28日間サイクルで行う

スーパー代謝ダイエットでは、ダイエットに有用な食品を満遍なく栄養を摂取しながら太りにくい体に整えます。それには28日間で3つのフェーズを繰り返して行うことがポイント。食べながら代謝を高くするため、健やかな減量ができます。

それぞれのフェーズでは食べて良い食品が決まっています。しかし短期間でローテーションでき食品の数が増えていくので、ストレスも溜まりにくいです。またコンスタントに食べるので、消化のための食事誘発性熱生産量が増えて代謝が良くなります。

炭水化物は果物と全粒穀物のみ可能

スーパー代謝ダイエットで勧めている炭水化物は全粒穀物と果物のみです。全粒粉は精製小麦粉よりもGIが低く、デトックスをする不溶性食物繊維も豊富なのでスーパー代謝ダイエットにおすすめと言えます。

また果物に含まれている果糖は代謝しやすいので、糖が脂肪になりにくいです。さらに代謝サポートをするビタミンB1やB2、そして酵素などダイエット促進に欠かせない成分がたっぷり含まれています。

カロリー制限なしに摂取できる

スーパー代謝ダイエットにはカロリー制限がないので、気軽なダイエットができます。そのため約1ヶ月間のダイエットでも、毎日手軽に継続しやすいです。

もともとカロリーを減らすことで脂肪燃焼するのでなく、むしろ代謝を低下させる食品を排除することに重点を置いています。

逆に脂肪燃焼に最適な食品の食べ方により代謝に拍車をかけるので、体に負担をかけるカロリー制限よりも効率よい減量が可能です。

スーパー代謝ダイエットで食べて良い食品・避ける食品

スーパー代謝ダイエットで食べて良い食品・避ける食品

スーパー代謝ダイエットでおすすめの食品と、食べていけない食品をそれぞれチェックしましょう。

食べて良い食品

  • ライ麦パン
  • ブランシリアル
  • 玄米
  • 果物
  • 野菜
  • 海藻類
  • ナッツ類
  • 植物性油

糖質は全粒穀物と果物のみから摂取します。そのほか良質タンパク質やナッツ類やオリーブオイルなどの不飽和脂肪酸の摂取も可能です。逆にスーパー代謝ダイエットではコレステロールを増やす飽和脂肪酸の摂取を勧めていないので、肉は脂肪分の少ない鶏肉を選びます。

避ける食品

  • パン類
  • 麺類
  • お菓子
  • スナック菓子
  • 乳製品
  • ジュースなどの加糖飲料
  • カフェイン飲料

精製小麦粉食品やすべての甘味料を全面的に排除します。またタンパク質やカルシウムを含む乳製品ですが、加工食品として消化が悪いのでおすすめではありません。またカフェイン飲料はコルチゾールが食べ過ぎを促進するので控えましょう。

スーパー代謝ダイエットの正しいやり方

スーパー代謝ダイエットの正しいやり方

スーパー代謝ダイエットで効果を実感するには、正しいやり方で行うことが基本です。ここでご紹介する方法をステップごとに追ってみましょう。

3つのフェーズごとの期間と食事をチェック

まずは1週間を3つのフェーズに分けて行い、それぞれの持続期間と食事を守ります。フェーズごとに食べる食品が増えていくのが特徴です。

フェーズ1…2日間

フェーズ1は2日間継続します。この時期に食べて良い食品は全粒穀物と果物です。さらに野菜を加えタンパク質は最小限に抑えます。

フェーズ2…2日間

フェーズ2も2日間継続します。食事はタンパク質のほか、野菜をたっぷり加えます。脂質と糖質は完全に排除しましょう。

フェーズ3…3日間

フェーズ3は3日間継続し、フェーズ1とフェーズ2に魚、ナッツ類、植物性オイルなどに含まれている不飽和脂肪酸を摂取し栄養バランスを取ります。

28日間続ける

フェーズ1〜フェーズ3は7日間なので、スーパー代謝ダイエットで設定されている28日間で4回繰り返すことになります。食べて良い食品をしっかり守りながら代謝を上げ、ダイエットを促進しましょう。

スーパー代謝ダイエットの1週間メニュー例

スーパー代謝ダイエットの1週間メニュー例

1週間で3つのフェーズを行うスーパー代謝ダイエットの1週間メニューをご紹介します。

月曜日…フェーズ1

  • 朝食…ライ麦パン・ゆで卵・バナナ
  • おやつ…お好みの果物
  • 昼食…煮干し・茹でほうれん草・オレンジ
  • おやつ…お好みの果物
  • 夕食…キノコとニンジン入り炊き込み玄米ご飯・イチゴ

火曜日…フェーズ1

  • 朝食…ブランシリアル・リンゴ
  • おやつ…リンゴ
  • 昼食…ささみ・ピーマン・ナスの蒸し焼き・キウイ
  • おやつ…ブルーベリー
  • 夕食…野菜玄米ご飯・パイナップル

水曜日…フェーズ2

  • 朝食…トマトとズッキーニ入りスクランブルエッグ
  • おやつ…ツナ缶(水煮)
  • 昼食…鶏肉のグリル焼き・ポテトサラダ
  • おやつ…蒸し大豆
  • 夕食…タラの蒸し煮・ワカメと大根の和物

木曜日…フェーズ2

  • 朝食…砂糖なしの卵焼き・きゅうりとカブのお浸し
  • おやつ…乾燥小魚
  • 昼食…スモークサーモン・レンズ豆
  • おやつ…ニンジンとセロリスティック
  • 夕食…鯛のグリル焼き・玉ねぎとアスパラガスの温サラダ

金曜日…フェーズ3

  • 朝食…ライ麦パン・マッシュルーム入りオムレツ・アボカド
  • おやつ…マカダミアナッツ
  • 昼食…野菜入り玄米おにぎり・オリーブオイル和え海藻サラダ
  • おやつ…お好みの果物
  • 夕食…サンマのグリル焼き・チンゲン菜とキノコの炒め物

土曜日…フェーズ3

  • 朝食…ブランシリアル・グリーンスムージー
  • おやつ…くるみ
  • 昼食…イワシのグリル焼き・生姜と大根おろし
  • おやつ…バナナ
  • 夕食…エビとタコ入りグリーンサラダ

日曜日…フェーズ3

  • 朝食…ライ麦パン・プチトマト・オレンジ
  • おやつ…ヘーゼルナッツ
  • 昼食…サバのグリル焼き・ほうれん草とキノコのコーン油炒め
  • おやつ…ミックスフルーツポンチ
  • 夕食…タレなし焼き鳥・ライチ

スーパー代謝アップの効果を高める方法

スーパー代謝アップの効果を高める方法

スーパー代謝ダイエットでスリムボディを維持するためにも、3つのポイントをまとめました。

暖かい食事を食べる

食事をするときは、暖かい食べ物を摂取するようにしましょう。果物は常温で食べ、野菜は煮たり蒸したりします。サラダは食べる30分前に冷蔵庫から取り出しておき、冷えが取れてから食べると良いです。

特に唐辛子に含まれるカプサイシンや生姜に含まれるショウガオールなどは体を温めてくれるので、調味料として取り入れると良いです。また血行促進をするナッツ類もおすすめです。

体温が上がると血行促進ができ、消化吸収が良くなります。結果として栄養が全身に届き代謝がアップ。また夏場でも足先が冷えるときは靴下や膝掛けなどを使って体を冷やさないことも大事なポイントです。

食前にレモン水を飲む

レモンにはクエン酸と呼ばれる代謝サポート成分が含まれています。レモンがダイエット食品としてあちこちで導入されているのは、脂肪燃焼を促進するからです。レモン水を飲めば水分も同時に摂取できるので、血行促進も同時にでき代謝がさらに良くなります。

またレモン水でしっかり代謝を促進するためにも、食前にコップ1杯飲みましょう。搾りたてのレモンを常温のミネラルウォーターに混ぜるだけです。もちろんノンシュガーで用意します。

無酸素運動をする

筋トレの無酸素運動をすることで基礎代謝を高められ、脂肪燃焼が効率よく行われます。スクワットや腹筋など用具なしでも手軽にできるものもあるので、できる種目から始めて習慣づけると良いです。

また気になる部位を集中的に行えるので、全身を引き締められます。女性は下半身が冷えやすいので、ふくらはぎを鍛えて血行促進をする筋トレもおすすめです。体の中でも大きめの筋肉なのでさらに代謝が良くなるほか、むくみも軽減できスリムな脚になります。

ジョギングなどの有酸素運動は脂肪燃焼におすすめです。筋トレで筋肉をほぐした後に行うと効果アップするので、無酸素運動と併用しましょう。

スーパー代謝ダイエットをするときの注意点

スーパー代謝ダイエットをするときの注意点

健やかなダイエットを継続するためにも、いくつかの注意点を押さえましょう。

1日の基礎代謝量を確保するカロリーを摂取

スーパー代謝ダイエットにはカロリー制限がありませんが、最低でも基礎代謝量を確保できるカロリーを摂取するようにしましょう。基礎代謝量は人間が生きていく上で最低限必要なエネルギーです。成人女性の場合の1日の消費基礎代謝量をチェックしましょう。

  • 18才以上〜30才未満…1,180kcal
  • 30才以上〜50才未満…1,140kcal
  • 50才以上〜70才未満…1,100kcal

また基礎代謝量をカバーすれば、いくらでも食べて良いというわけではありません。次に1日の摂取カロリーをチェックして、カロリーオーバーしないようにします。

  • 18才以上〜30才未満…2,650kcal
  • 30才以上〜49才未満…2,650kcal
  • 50才以上〜69才未満…2,450kcal

不飽和脂肪酸をバランスよく摂取する

フェーズ3では不飽和脂肪酸を摂取できますが、代謝をサポートするにはオメガ3とオメガ6をバランスよく摂取することが大切です。

オメガ3を摂り過ぎるとコレステロールが増加し、オメガ6では動脈硬化などを引き起こす原因になります。そのためスーパー代謝ダイエットの効果を上げるためにも、摂取量の比率は最大1:4までに抑えましょう。オメガ3とオメガ6の不飽和脂肪酸は、以下の食品に多く含まれています。

オメガ3

  • 青魚
  • アマニ油
  • エゴマ油
  • くるみ

オメガ6

  • コーン油
  • ゴマ油
  • ベニ花油
  • ナッツ類

ナッツ類の中でもオメガ3を多く含んでおり、オメガ6とバランスが取れているのがくるみです。そのほかオメガ3をほとんど含んでいないものの、バランスの良いヘーゼルナッツやマカダミアナッツもおすすめ。

タンパク質を過剰摂取しない

炭水化物が制限されているだけに、タンパク質にエネルギーを頼りがちになります。しかしタンパク質を過剰摂取すると、腎臓や肝臓に負担をかけることに。

タンパク質は筋肉づくりに働きかけ、基礎代謝を高めてくれる大切な栄養素です。しかし健やかにダイエットするためにも、適量を摂取して代謝を上げるようにしましょう。

スーパー代謝ダイエットに関するQ&A

スーパー代謝ダイエットに関するQ&A

スーパー代謝ダイエットをする前や最中に気になる疑問を3つピックアップしました。効果アップのためにも一度チェックしておきましょう。

Q: 28日間続けても良い?

スーパー代謝ダイエットは基本的に28日間に設定されていますが、体調に合わせてそれ以上の継続も可能です。しかしその場合は、事前に管理栄養士に相談することをおすすめします。スーパー代謝ダイエットで得た効果や段階ごとの体調などをしっかり伝え、ベターなアドバイスを受けましょう。

Q: 1ヶ月で10kg減量できる?

代謝を上げるダイエット法なので、急激な減量よりも太りにくい体質に整えることが目的です。結果的にロングランなダイエットができ、体にも負担をかけないスリムなボディ維持が可能です。目標を持つことはモチベーションにつながりますが、まずは代謝を上げることを目指しましょう。

Q: 低糖フルーツジュースは飲んでも良い?

市販の低糖フルーツジュースには、アルパルテームなどの人工甘味料が含まれていることがあります。一見糖分がなさそうでも、飲み続けてしまうと血糖値が上昇し脂肪の原因となるので控えましょう。また新鮮な果物を使用した、手作りのスムージーならおすすめです。

スーパー代謝ダイエットでスリムボディをキープ

スーパー代謝ダイエットでスリムボディをキープ

栄養をしっかり摂取しながら、イキイキとダイエットができるスーパー代謝ダイエットです。3つの期間や食事メニューを参考に、代謝を高めましょう。これからは厳しい食事制限なしで、健やかにシェイプアップ!

カオリ トマゾーニ

イタリアで在宅ライターを5年しています。絵を描くことと音楽鑑賞が大好きな、イタリアン主婦です♪
トレンディな美容情報を、海の向こうからダイレクトに送り届け、さまざまな悩みを解決!全身のアンチエイジングは、キレイになる!という気持ちで、美しさが維持できます。皆さん一緒に頑張りましょう!

カオリ トマゾーニをフォローする
ダイエット
スポンサーリンク
KARATS カラッツ
タイトルとURLをコピーしました