筋肉に良いおすすめの朝食メニュー「アップルフレンチトースト 」「キノアボール」レシピ紹介

食事
スポンサーリンク

この記事では、筋肉に良い朝ごはんのメニューを紹介します。筋肉をつけたりダイエットをしたりするには、朝食をしっかり食べることが大切です。この記事では、栄養バランスの良いおすすめの朝食メニューを紹介しているので、是非参考にして作ってみてください。

スポンサーリンク

筋トレにおすすめの朝食メニュー

筋トレにおすすめの朝食メニュー

アップルフレンチトースト

全粒粉のパンは非常に栄養価が高く朝ごはんにおすすめです。全粒粉のパンは味に癖があるのですが、フレンチトーストにすることで美味しく食べることができます。

材料

  • 牛乳 50ml
  • 全卵1個
  • 全粒粉のパン
  • シナモン少々
  • はちみつ大さじ2
  • バター5g
  • りんご1/2個

作り方

  1. ボウルに牛乳と全卵とシナモンとはちみつをいれよく混ぜます。
  2. 1を深さがある平らな容器にうつし、そこにスライスしたパンをいれて浸します。
  3. 30-60分浸しておきます。
  4. りんごをスライスします。
  5. フライパンを熱し、バターをいれて、3のパンと4のりんごを焼きます。
  6. 少し焦げ目がついてきたらひっくり返します。
  7. ひっくり返したら3の液を注いでゆっくりと火を通します。
  8. 両面に少しずつ焦げ目がつくくらいに焼けたら完成です。

ワンポイントアドバイス

全粒粉のパンで作るフレンチトーストは栄養価が高く非常におすすめです。朝食にフレンチトーストを作る時は、前日の夜に準備をして液に浸しておくとより美味しくなります。半日以上浸すと良く、パンにしっかりと液が浸るように数時間浸したら、パンをひっくり返しましょう。
スパイスを追加したり増やしたりするのもおすすめです。フレンチトーストはシナモンと相性が抜群なので、お好みで量を増やしてください。また、シナモン以外ではナツメグやカルダモンなどの甘い食べ物にあうスパイスがおすすめです。ナツメグは非常に刺激が強いので、いれすぎないように注意してください。逆にカルダモンは量をいれても大丈夫なので、液にカルダモンをいれて、完成したフレンチトーストにもカルダモンをかけることで上品なフレンチトーストを楽しむことができます。

キノアボール

キノアボール

キノアは高タンパクで筋トレにおすすめの食べ物です。朝食にキヌアを使ったサラダを食べることで栄養を満遍なく摂ることができます。

材料

  • カーリーケール 4、5枚
  • キノア1/4カップ
  • ゆで卵3つ
  • アボカド1/2個
  • トマト1個
  • 塩胡椒
  • レモン1/4カット

作り方

  1. 200mlの水を鍋にかけて沸騰したら、キヌアをいれて弱火にします。
  2. キヌアが水分を吸ってなくなったら火を止めます。
  3. 野菜やゆで卵を好みのサイズに切ります。全体の大きさがなるべく同じようになるように切りましょう。
  4. ボウルにキヌアと3をよそいレモンを絞ってさっくりと混ぜます。
  5. 最後に塩胡椒を振ったら完成です。

ワンポイントアドバイス

このキヌアボールは非常にヘルシーにするためにカロリーのあるドレッシングを使っていません。なので、味にインパクトを持たせるためにハーブやスパイスを追加で加えると味にメリハリがつきおすすめです。シンプルなレシピなので、どんなハーブでもあうのですが、手に入りやすいイタリアンパセリやタイムがおすすめです。レモンとも相性が良くよりさっぱりとした味わいになります。
スパイスを追加したい場合はキャトルエピスやガラムマサラといった、味が整っているミックススパイスを使うのがおすすめです。味が淡白なので、ミックススパイスと相性が良く、強いインパクトを与えてくれます。
ハーブを入れる際は野菜のタイミングで、スパイスを入れる際は塩胡椒のタイミングで加えましょう。

まとめ

朝ごはんは栄養バランスの良い物を取ろう

この記事で紹介したレシピはいずれも栄養バランスの非常に良い朝食です。筋トレをしている人にとって、朝ごはんは非常に重要です。ぜひ、ワンポイントアドバイスを活用してより美味しい朝食を作ってください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました