管理栄養士が勧める、ダイエットをサポートする間食の選び方。コンビニおすすめ商品も紹介

管理栄養士が勧める、ダイエットをサポートする間食の選び方。コンビニおすすめ商品も紹介 アイキャッチ画像 食事
スポンサーリンク

管理栄養士山崎です
皆さん間食はされますか?
ダイエット中の間食は悪いことだと思われがちですが、
決してそうではありません。

間食も上手な選び方を知れば、
ダイエットをサポートしてくれます

今回は、
間食を勧める理由、
選ぶポイント、
コンビニで買えるおすすめ商品を紹介します。

スポンサーリンク

間食を勧める理由

普段フルーツは食べていますか?
ビタミン、ミネラル、食物繊維、
を補給することができるため、
1日1回フルーツを食べることをおすすめしています。

フルーツは糖分が多くて太りそう
と思われていますが、
それは食べ過ぎた場合の話。

間食を勧める理由は、
3食の食事で摂れなかった
ビタミンやミネラルを補給できるということです。

また、夕食の時間が10時以降などで遅い場合、
夕方に間食を挟むことで、
夕食のドカ食いを防ぐことができます。

間食を選ぶ時のポイント3つ

①普段不足しがちな栄養素が入っているものを選ぶ

普段不足している栄養素として、
食物繊維・カルシウム・鉄・カリウムがあります。

食物繊維は腸内の掃除をする以外にも、
食後の血糖値を穏やかにする効果があります。

カルシウムや鉄は不足しやすいミネラルですが、
不足することで代謝が上手くいかず、
様々な不調がでてきます。

カリウムは摂りすぎた塩分を
体外に流してくれる働きがあります。
むくみ予防にもカリウムは意識して
摂る必要があります。

②1日100㎉までにする

間食をおすすめしていますが、
もちろん食べ過ぎは太ってしまいます。

1日100㎉程度のものを選ぶようにすると、
自然に栄養表示を見る習慣もつきます。

③飲み物も間食の1つ考える

間食は食べ物だけではありません。
普段飲んでいる飲み物も
間食の1つに含まれることがあります。

普段飲んでいるコーヒーに、
砂糖やミルクが入っていませんか?
微糖の缶コーヒーの場合
1本50~70㎉になります。

何気なく飲んでいる飲み物も
注意して選んで下さい

コンビニで買えるおすすめの間食

ローソンセレクト 皮むきりんご
ローソン標準価格178円(税込) 48kcal

生のフルーツの中でも、
りんごには食物繊維、
カリウムが豊富に含まれています。


出典元 ローソン

NL ブランのロールケーキ コーヒー&ミルク
ローソン標準価格140円(税込)
・コーヒー味 107kcal ・ミルク 106kcal 

ローソンのブランシリーズ!
大豆粉とブラン粉を使用しているため、
ロールケーキなのに低カロリー。
食物繊維が1個当たり約5gも
入っているので嬉しい商品です。

出典元 ローソン

・セブンプレミアム あじわい昆布 12g
本体価格 : 128円 (税込:138円) 30kcal

こんなに食べても30kcal!
昆布はよく噛んで食べる必要があるため、
満足感もでます。食物繊維も摂れます。


出典元 セブンイレブン

・粗挽きペッパーのキャンディチーズ
通常価格122円(税込131円) 142㎉

おつまみとしてもおすすめ。
低糖質で、カルシウムが補給できます。

出典元 ファミリーマート

セブンプレミアム 厚切りビーフジャーキー 45g
本体価格 : 378円 (税込:408円) 110kcal

出典元 セブンイレブン

鉄分不足を感じているなら、
ビーフジャーキーはおすすめ。
ほうれん草の3倍も鉄が含まれています。
ただし、塩分も多いため食べ過ぎは注意!

まとめ

いかがでしたでしょうか?
間食は3食の食事で不足しがちな
栄養素を取り入れることで、
身体を整え、
ダイエットをサポートしてくれます。


山崎 麻未

病院の管理栄養士を経験し、妊娠を機に退職。
現在はフリーで特定保健指導やレシピ作成などを行っている。
ダイエット食や、時短料理が得意。ヨガオタク。

山崎 麻未をフォローする
食事
スポンサーリンク
KARATS カラッツ
タイトルとURLをコピーしました