食べれば食べるほどお腹が空く!?空腹のメカニズムを知って効率の良いダイエットを

食事
スポンサーリンク

食べても食べてもお腹が空いてしまう・・・。特に太る時ってそんな感じですよね。さっきお腹いっぱい食べたはずなのに、もうお腹が空いてたまらない。そして我慢できずに食べてしまう。

その繰り返しで気付いたらアッという間に太ってしまった・・。何でこんなに食欲が湧いてくるのだろう?みんなはこんなにお腹空いているのに我慢できるの?

そう思っているそこの貴方!実はお腹いっぱいに食べるからお腹が空くのです。今回はそのメカニズムについて解説していきましょう。

スポンサーリンク

空腹の原因は血糖値の急下降

まずはなぜお腹が空くのかを理解しましょう。原因が分かれば対策を立てるのも簡単にできます。

人は血糖値が下がってきた時にエネルギーが不足したと感じて空腹を感じます。この時にご飯を適量食べるだけであれば、まったく問題ありません。ほとんど太ることはないでしょう。しかし実際にはエネルギー不足ではなくても空腹を感じることがあります。それは糖質を摂取した時です。

糖質が多く含まれた食べ物を摂取すると一気に血糖値が上がります。体は急激に上がった血糖値を下げようとしてインスリンを大量に分泌して血糖値を下げようとします。

血糖値はインスリンの働きによって急激に下がります。この急下降した血糖値によって体はエネルギー不足であると誤認識をしてしまうのです。

ちょっと小腹が空いたからと言って糖質の多いお菓子を食べるというのは実は逆効果なのです。本来なら食べなくてもいいものをどんどんと食べる羽目になってしまいます。

ご飯の大盛りを食べるのも逆効果

おやつなんて食べたくない!ご飯を大盛りにして食べているけど、すぐにお腹が空くんだから仕方がないだろう!という方もいるでしょう。

しかし、そのご飯の大盛りがそもそも空腹になる原因なのです。ご飯は炭水化物ですから、当然糖質が含まれているのです。ご飯を一気にドカ食いすれば当然のことながら先に説明したように一気に血糖値が上がって、下がります。

ご飯は少量にした方が実は空腹感は抑えられるのです。空腹を感じたくないから大盛りにしている方も多いでしょうが、実は逆効果であることが多いのです。

空腹感を抑えるためには

基本的にはご飯は大盛りをやめる、おやつは食べるにしても糖質の多いものは避ける。この2つを守るだけで空腹感はかなり抑えられるはずです。

ただし、習慣化してしまっている場合は突然ストップするのは非常に困難です。糖質には中毒性もあるので、突然やめようとすると最初の2週間くらいで挫折する人が多いです。

なので徐々に量を減らしていく、やめることを周りに宣言する、やめられなくても自分を責めないで新たな目標を立てて徐々にやめる努力をする。など気長に構えた方が良いでしょう。

周りに宣言するのは周りに言った手前やろうとしますし、周りの協力も得られるからです。是非宣言はしてください。

まとめ

空腹感が食べ過ぎから来ていることは目からウロコだった方も多いのではないでしょうか。大量に食べればさらに食べたくなる・・。人間の食欲は果てしないものです。

今までの習慣を無理にやめるのはストレスが溜まってしまうので、やめるにしても長い目で見てください。いつの間にか量が減っていた、やめていた・・というのが理想です。頑張ってください。

木村まさみち

WEBディレクターとしてフリーランスで働くかたわらパーソナルトレーナーとしても活動を開始。
現在は名古屋のパーソナルトレーニングジムを経営しています。
得意分野は筋トレ、ボディメイクです。

木村まさみちをフォローする
食事
スポンサーリンク
KARATS カラッツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました