ピーマンで美肌に!効果や効能と簡単なレシピを紹介!

食事
スポンサーリンク

ピーマンにはカロテンやビタミンCといった美肌に良い成分が多く含まれています。ピーマンの効果や効能とピーマンを簡単に使ったレシピを紹介しているのでぜひ参考にしてください。ピーマンを毎日食べて美肌になりましょう。

スポンサーリンク

ピーマンの効果・効能

ビタミンCとベータカロテンで美肌に

ピーマンにはビタミンCやカロテンといった美肌に良い成分が多く含まれています。ビタミンCにはアンチエイジングの効果があり老化を防いでくれるのです。また、カロテンには肌の機能を回復する効果があり、肌荒れを防いでくれます。

赤ピーマンが美肌に良い成分が多い

美肌に良い成分は緑色のピーマンより赤色のピーマンの方が多いです。カロテンやビタミンCの値が倍以上あるので、美容目的でピーマンを食べるのであれば赤いピーマンを選びましょう。また、似ている野菜であるパプリカの方が全体的な栄養価が高いので、パプリカでも良い場合はパプリカを使うことをお勧めします。

ピーマンのおすすめ簡単レシピ

ピーマンの肉詰め

ピーマンの肉詰めはピーマンの苦味が苦手な人でも食べやすい料理です。主食になるので、夕食やお弁当にもおすすめですよ。一緒にお肉を食べることができるのでタンパク質を補い肌の調子がよくなります。ピーマンとお肉を一緒に食べて肌を綺麗にしましょう。

材料

  • 豚ひき肉 400g
  • ピーマン 5〜7個
  • 塩 4g
  • 胡椒 少々

作り方

  1. ボウルに豚ひき肉を入れて粘り気が出るまでこねます。
  2. 粘り気が出たら塩と胡椒をふって混ぜ合わせます。
  3. ピーマンは縦に半分に割り、タネを取り除いて洗います。
  4. キッチンペーパーで水気をとったらひき肉を詰めていきます。
  5. このとき空気が入らないように隅々まで詰めてください。
  6. 詰めたらフライパンに油を敷いてお肉の面を下向きにして焼いていきます。
  7. お肉の側面が白くなってきたらひっくり返して弱火で蓋をして焼きます。
  8. 焼けたら火を消して5分程度蓋をしたまま置いておきます。
  9. 蓋を取って器によそったら完成です。

ワンポイントアドバイス

ピーマンにお肉を詰める際に空気が入ってしまうと膨張して旨味が漏れて行ったり、十分に熱が伝わらなくなったりするので気をつけてください。少しずつはじの方から詰めていくとうまくいきますよ。
ソースはケチャップがおすすめです。ハンバーグに使うようなデミグラスソースでも美味しいのですが、ケチャップは酸味があるのでピーマンの苦味とよくあいます。ケチャップだと少し酸味が強いという人はウスターソースを加えると余っみが足されるので試してみてください。

ピーマンのおつまみサラダ

このサラダはピーマンだけ作ることができる簡単な料理です。火を通さないので、ピーマンの栄養を余すことなく摂ることができます。また、お酒のおつまみにもぴったりなので夕食にお酒を飲むという人は、食前に食べるのがおすすめです。血糖値の上昇が緩やかになり太りにくくなりますよ。

材料

  • ピーマン 5個
  • 鶏ガラスープの素 小さじ1
  • ごま油 小さじ1
  • 塩 少々
  • 胡椒 少々

作り方

  1. ピーマンを縦に半分に割り種を取り除きます。
  2. ピーマンを5mm程度の細切りにします。
  3. ピーマンを切ったらボウルに入れます。
  4. ボウルに鶏ガラスープの素とごま油と塩と胡椒を入れてよく揉み込みます。
  5. ピーマンから水分が出てくるので適宜捨てるようにしてください。

ワンポイントアドバイス

このサラダはピーマンを生で食べることができるサラダです。しかし、生だと苦味が強く食べにくいという場合があります。そのような場合は1分程度塩茹でしてすぐに冷水に晒してください。生で食べるより栄養は抜けてしまいますが、十分栄養はありますし何より食べやすくなります。冷水にさらした後はしっかりと絞って水気を切るようにしてください。

まとめ

ピーマンで美肌に

ピーマンにはビタミンやベータカロテンが豊富で美肌に効果的です。緑色のピーマンより赤色のピーマンの方が多く栄養を含んでいるので、ピーマンを選ぶ際は色に注意してみてください。緑色のピーマンの栄養が低いというわけではないので赤色が売っていなくても安心してください。ピーマンを食べてにはだになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました