プロテインの選び方!気をつける点とは?

サプリ・プロテイン
スポンサーリンク

「プロテインを飲みたいけど種類が多くて選ぶのが大変…」「どれくらい飲めばいいのだろう…」このように筋トレ初心者のかたはプロテインに対する疑問を持ってはいませんか?おそらくお店にズラッと並ぶプロテインを前に「これが一番!!」と決められる方はかなり少ないでしょう。私も筋トレを始めた時にプロテインを購入しましたが、パッケージを見てもいまいちどれがいいか分からず困った経験があります。そこで、まだプロテインをあまり飲んだことがない方にプロテインの種類や飲むときに気をつける点をご紹介したいと思います。タンパク質豊富なプロテインは筋肉の味方です。上手に飲んでさらに良い筋肉をつけていきましょう。

スポンサーリンク

プロテインの種類

プロテインを購入する時に気をつけたいのが、プロテインの種類です。プロテインには大きくわけて「ホエイ・カゼイン・ソイ」の3種類があります。

ホエイプロテインは牛乳でできたプロテインです。ホエイプロテインには筋肉の合成に役立つアミノ酸BCAAが多く含まれていて、BCAAは筋肉分解の抑制、持久力の向上、集中力を高める働きがあると言われています。さらに水溶性で体への吸収が早いため、筋肉や体を大きくしたい方に向いています。体への吸収が早いので運動直後に飲むのがおすすめです。

カゼインプロテインはホエイプロテインと同様牛乳でできたプロテインです。ホエイプロテインと同じ牛乳が材料ですがカゼインプロテインは不溶性で固まりやすいという特徴があります。そのため体への吸収がゆっくりなので夜寝る前に飲むのがおすすめです。

ソイプロテインは名前の通り大豆からできています。カゼインプロテインと同様に体への吸収がゆっくりです。代謝のサポートや血液をサラサラにしてくれたり大豆たんぱくが中性脂肪を下げる働きがあるため、ウエストを増やさずに必要な筋肉をつけたい方に向いています。ドロドロして腹持ちがいいので、間食におすすめです。

プロテインの飲み方

そもそもなぜ筋トレにはプロテインは必要不可欠なのかご存知ですか?
筋トレで傷ついた筋肉の修復に必要不可欠なもの、それはタンパク質です。しかし成人男性が一日に必要なタンパク質の量は約105g。これは卵約17個分に相当します。毎日の食事だけで補うのは難しいので、タンパク質を豊富に含んでいるプロテインを飲むのです。プロテインはタンパク質を豊富に含んでいるので、より効率的に筋肉をつけることができます。

さて、筋肉が一番発達しやすいのはいつかご存知でしょうか?それは筋トレ直後です。
筋トレ後30分間は刺激された筋肉が修復しようとして栄養をとりこみやすくなっている「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間です。ですからこの時には、体に吸収されやすいホエイプロテインを飲むのがベストです。

また睡眠中は成長ホルモンの分泌が盛んになるので、体にゆっくり吸収されるカゼインプロテインを就寝前に飲むのがベストです。
また筋肉の分解を防ぐために間食にもプロテインの飲むと良いでしょう。飲む時間の目安は筋トレ開始1時間前ごろです。

おすすめのプロテイン

【ウイダー マッスルフィットプロテイン ココア】
ホエイプロテイン・カゼインプロテインの2種類が配合されている万人向けプロテインです。味もよく飲みやすいのも魅力です。

【ザバス ホエイプロテイン100 ココア・バニラ】
こちらのプロテインはタンパク質はもちろん、その他にも7種のビタミンB群・ビタミンCを含んでおり栄養バランスの良い製品です。価格も国産品としては安いので買いやすいのも魅力です。

【GOLD STANDARD 100% カゼインプロテイン】
食物繊維や消化酵素が含まれているので、便秘に悩む女性の方や胃腸の弱い方におすすめのプロテインです。腹持ちが非常によく甘いので毎日飲みやすいです。

【マイプロテイン ソイプロテイン(アイソレート)】
脂質と炭水化物を極限までカットし、タンパク質は90%をこえます。フレーバーも5種類と豊富で好きな味を選ぶことができます。価格が安いのも魅力です。

まとめ

プロテインの種類や飲み方をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。飲み方は個人差が生まれるので、紹介したものを目安に自分に最適な飲み方を見つけて下さい。さぁ今日から上手にプロテイを活用して、夢の引き締まったボディを手に入れましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました