プロテインを飲むと太る?正しい飲み方

サプリ・プロテイン
スポンサーリンク

この記事では、プロテインを飲むと太るのか太らないのかという疑問への答えと、そのプロテインの正しい飲み方をまとめています。プロテインはタンパク質を手軽に補給することができ、適したタイミングで飲むことで筋トレに良い効果を与えます。ぜひ、この記事でプロテインの正しい知識をつけて筋トレに役立ててください。

スポンサーリンク

プロテインで太ることはない

プロテインは太る原因ではない

プロテインを飲んでいて太るということはあり得ません。もし、プロテインを飲んでいて太ったということであれば、日頃の食生活が原因です。プロテインにはタンパク質が多く入っていて、もちろんカロリーも含まれています。食事だけでエネルギーを十分にとってしまうと、プロテイン分のエネルギーがオーバーしてしまうので、プロテインを飲む際にはしっかりとカロリー計算をしましょう。

プロテインを飲んでいるから痩せるわけではない

プロテインを飲むだけで勝手に脂肪が燃焼されると思ったら大間違いです。プロテインはあくまで栄養を補助する役割で、痩せるには食事制限や運動が必要不可欠です。ダイエットはしっかりと1日の摂取エネルギーを制限する必要があるので、食生活を大きく変える必要があります。

プロテインの正しい飲み方

カロリーを計算して飲む

プロテインにはカロリーが含まれているので、過剰に飲みすぎてしまうともちろん脂肪を落とすことはできません。自分の必要なカロリーを計算して、食事とプロテインの量を調節する必要があります。きちんとカロリーを計算できていれば、簡単にタンパク質を摂ることができる便利なサプリメントです。

筋トレをしている人は前後に飲む

筋トレを行なっていてプロテインを飲むという人は、基本的に筋トレの前後に飲む必要があります。トレーニングで傷ついた筋肉を修復するのにプロテインが必要不可欠で、体内にのタンパク質が不足していると修復が遅くなってしまい、どうしても筋トレの効果が出にくいです。筋トレの前に飲んでも後に飲んでも、どちらでも構わないので、きちんとタンパク質を補給するようにしましょう。もし、筋トレ後にプロテインを飲むのであれば、筋トレ後30分以内に飲むことを強くお勧めします。

空腹にならないように飲む

筋トレを行わない日でもプロテインでタンパク質を補うのは大切です。空腹の状態を作ってしまうと、筋肉がどんどんなくなってしまい筋トレに悪影響が出ます。理想は1日の食事の回数を5回程度に増やして、空腹を作らないように少しずつ食べるのが良いのですが、非常に面倒くさいですね。食事の感覚が6時間以上開いてしまうタイミングでプロテインを飲む栄養を補給するのがおすすめです。昼食と夕食の間はどうしても開いてしまうので、間にプロテインやプロテインバーなどの補助食品を食べて、栄養を補給しつつ空腹を防ぎましょう。

夜食のタイミングで飲む

プロテインに含まれているタンパク質には食欲を抑える効果があります。これにより、間食や食べ過ぎを防ぐことができます。また、夜に飲むことで、寝ている間に栄養がなくなってしまうのを防ぐことができます。人間は寝ている間でもエネルギーを消費するので、体内に栄養を入れておく必要があります。
夜におすすめのプロテインはカゼインプロテインです。カゼインプロテインは体内に吸収されるのが遅いので、寝ている間の栄養補給に最適です。

まとめ

プロテインは正しく飲めば太らない

プロテインを飲んでいて太るということはありません。しかし、食事のカロリーを十分にとっているのにプロテインをたくさん飲んでしまうとカロリーが過剰になり、脂肪がついてしまいます。筋トレをする際は、自分が1日に必要としているエネルギーを計算して、補助としてプロテインを活用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました