プロテインによるダイエット効果とやり方

ダイエット
スポンサーリンク

この記事では、プロテインによるダイエットの効果からプロテインを用いたダイエットのやり方を解説しています。プロテインを用いることで、運動をしなくても減量をすることができるので、生活にプロテインを取り入れ無理なくダイエットをしましょう。

スポンサーリンク

プロテインによるダイエット効果

食欲を減らす

プロテインに含まれてるタンパク質は、空腹を感じにくくさせ、間食や暴食を減らすことができます。朝起きた時や、小腹が空いた時にプロテインを飲むことでタンパク質を摂り入れて、余分なカロリーを撮るのを防ぐことに役立ちます。ついついご飯を食べ過ぎてしまったり、お菓子を食べてしまうと言う人はプロテインを飲むことで食欲を抑えましょう。

カロリーを消費する

タンパク質は消化するのに多くのカロリーを使うので、プロテインを多く飲んでしまっても太りにくいのです。なので、プロテインはエネルギーを取り過ぎずに、タンパク質を摂ることができるので、おすすめです。日頃の食事でもお肉や卵などの高タンパクな食べ物を取り入れて、プロテインと併用することでカロリーを消費しましょう。

リバウンドを防ぐ

プロテインを飲むことでタンパク質をたくさん摂ると、リバウンドを防ぐことができます。タンパク質によって、代謝が上がって脂肪が燃えやすくなり、また、カロリーが脂肪になりにくくなるので、リバウンドの予防につながります。これは、タンパク質を多めに摂る必要があるので、プロテインを用いてタンパク質を多く摂りましょう。

代謝が上がり脂肪が燃えやすくなる

タンパク質を多く摂っていると、新陳代謝がよくなり、カロリーがより多く消費されます。普通に生活しているだけで、より多くのカロリーを消費することができるようになります。普段の食事にプロテインを加えてタンパク質を多く摂り、代謝を向上させましょう。

プロテインを用いたダイエットのやり方

1日のカロリーの1/4の量を目安に

減量には、自分が普段摂っているカロリーの1/4の量のタンパク質を摂るのが理想的です。例として、1日に2000キロカロリーを摂っている場合を考えます。2000×0.25で500キロカロリーをタンパク質で摂る必要があります。つまり、500キロカロリー分のタンパク質125gを摂る必要があります。
厳密に1日の消費カロリーの1/4である必要はなく、ある程度過剰にとっても問題ありません。しかし、摂取するタンパク質量が下回ってしまうと、減量しづらくなってしまうので注意が必要です。

運動はしなくても大丈夫

過度なダイエットが目標でない限り、普通の食生活にタンパク質を多く取り入れるだけで体重は減っていきます。もちろん、摂取カロリーを大幅に超えてしまうと効果はありません。運動をしなくてもタンパク質を多く取り入れるだけで減量の効果が期待できるので、今までダイエットが続かなかった人でも継続しやすい減量方法です。
タンパク質を多く摂るのは、普通の食事では難しいのですが、プロテインを飲むことで簡単に達成できます。また、ダイエットの効果を高めたい人は、運動を行なってください。特に、筋トレなどの筋肉に負荷をかける運動をすると、代謝が非常に高くなり、脂肪が燃えやすくなります。

まとめ

プロテインでタンパク質を多くとれば痩せる

プロテインでタンパク質を多く摂ることによって、運動をする事なく減量することができます。普段の食生活+αでタンパク質を取り入れることで新陳代謝を高め、自然と脂肪がつきにくい体になります。
ポテチなどのスナックを食べ過ぎてしまっては元も子もないのですが、普通の生活をしている分には問題ありません。プロテインでうまくタンパク質を撮り、無理なくダイエットをしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました