腹筋ローラーでシックスパックを作る方法。ボディテック(Bodytech) とトーエイライト(TOEI LIGHT)を実際に使った感想もあり

腹筋ローラーでシックスパックを作る方法。ボディテック(Bodytech) とTOEI LIGHT(トーエイライト)を実際に使った感想もあり トレーニング
スポンサーリンク
スポンサーリンク

腹筋ローラーとは

腹筋ローラーは自宅で腹筋を手軽に鍛えることができる筋トレグッズの一つです。非常にコンパクトで部屋に置いていても場所をとりません。

しかし、その割に腹筋に強烈な負荷をかけることができるので「腹筋トレーニングのリーサルウェポン」とも言える筋トレグッズです。

値段も非常に安くネットで購入すれば、多くの商品が1000円台~2000円台で購入が可能です。

安い、コンパクト、効果抜群。腹筋を鍛えたい人は買わない手はないでしょう。

腹筋ローラーの具体的な使い方を紹介

腹筋ローラーの具体的な使い方を紹介

腹筋ローラーは車輪を中心に取手が左右に付いた形状をしています。

その取手を両手で持って車輪を床にコロコロと転がしていきます。

そうすると体が伸びていきますよね。体が伸びきったら元に戻っていきます。

これを繰り返すだけです。非常に単純な運動ですが、実際にやってみると非常に負荷の強い運動なのです。

まずは膝を床についた状態からはじめて慣れてきたら屈伸した状態から体を伸ばします。この時に膝は床につかないように行います。

初心者だと膝をついて行わないと1回も行えないのが普通なのでまずは膝をついた状態で10回を目指しましょう。

これでも十分腹筋に効果はあります。

初心者だと膝を床についていても体を伸ばしきるところまで車輪を転がせない場合もあります。

その場合は戻って来られるくらいのところまで前進して戻ってきてください。

慣れてきたら徐々に体を伸ばしていけばいいのです。

1回もできない日が続くとやめてしまうことになるので、まずはできる範囲で続けましょう。

継続は力なりです。続けていれば徐々に体を伸ばすことができるようになるはずです。

実際に腹筋ローラーを使った感想①ボディテック(Bodytech)

ボディテック(Bodytech) の商品は非常にリーズナブルでネットで購入すれば1000円ちょっとで買うことができます。

価格からすれば最安値レベルなので価格重視の方におすすめです。

タイヤの素材が柔らかいので固い床で利用しても音があまりしません。

夜にトレーニングするので音が出るのは困るという方にはいいでしょう。

また、この価格にも関わらず膝用のマットが付属品としてついています。

初心者のうちは膝を床についてトレーニングをするのですが、膝が痛い場合があります。

特に女性は痛みが出ることが多いので膝用のマットはありがたい存在です。

マットを膝の下に敷いておけば痛みが出ないのでトレーニングに集中することができます。

実際に腹筋ローラーを使った感想②TOEI LIGHT(トーエイライト)

TOEI LIGHT(トーエイライト)の腹筋ローラーは非常にスタンダードな商品でもっとも売れている商品と言っても良いでしょう。

他の商品は購入後に組み立てる必要があるものがほとんどですが、こちらの商品は最初から組み立てられているのですぐに使うことができます。

組み立て式の商品はバーを車輪の穴に通すのですが、かなりタイトな作りになっているため意外に大変です。

きちんとバーが刺さらなかったりしてバランスの悪いまま使っている人も多いので、最初から組み立てされているのはありがたいです。

少々見た目が安っぽい感じがありますが、使わない時にはしまっておけるので問題はないでしょう。

価格はネットで購入すれば1500円程度で手に入りますので、自宅でとりあえず腹筋を鍛えたい人にはおすすめです。

まとめ

腹筋ローラーでシックスパックを作る方法まとめ

腹筋ローラーは価格が安いのに腹筋グッズとしては最も効果のあるものの一つと言っても良いでしょう。

上級者も腹筋ローラーを使っている人は多いので、この価格で初心者からずっと使えるのもありがたいです。

また、場所を取らないので自宅にあっても置き場所に困ることもありません。

腹筋のトレーニングに興味がある方は是非1台持っておくといいでしょう。

腹筋のトレーニングはこれだけやっていれば十分という上級者もいるくらいです。

ただし負荷はかなりきついので最初から無理しないようにしてくださいね。継続していていればいつかは腹筋ローラーを何回も軽々こなせる日も来るはずです。

是非夏に向けてトレーニングを腹筋ローラーではじめましょう。

タイトルとURLをコピーしました