筋トレで体重は増える?増えない?

トレーニング
スポンサーリンク

筋トレをしているのに体重が増えてしまったという経験はありませんか?実際、筋トレを行うことで体重は増えるのでしょうか。この記事では筋トレによって体重が増えるのかということから理由まで詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク

筋トレで体重は増える?

筋トレで体重が増えることがある

ダイエット目的で筋トレを行っていても、体重が増えてしまうことがあります。しかし、実際の体重よりも見た目を大事にしてください。体重が増えても見た目がスマートになっていたら筋トレはうまくいっています。
筋トレを行っていると、食欲が増しつい食べ過ぎてしまいます。筋トレ下からご飯をたくさん食べても良いかなという甘い考えを断ち切って、栄養を制限しましょう。

元々筋肉が少ないと体重が増えやすい

筋肉が少ない人が筋トレをすると体重が増えやすいです。後述しますが、筋トレをすることで筋肉がついてしまい、元々の体重より重くなってしまうことがあります。筋肉は重たいので筋肉がつくと急激に体重が増えるのです。しかし、心配は必要なく、適度な筋肉であれば体重にほとんど影響しませんし、スマートな体を手に入れることができます。

筋トレで体重が増える理由

カロリーを取りすぎている

筋トレ中は炭水化物タンパク質資質をバランスよくとる必要があります。しかし、栄養を摂ろうと思って想定よりも多くのカロリーを摂ってしまうと、脂肪がつくのです。筋トレ中でもカロリーをしっかりと計算して食事を管理しましょう。

筋肉が増えたから

筋トレをすることで筋肉がつき体重が増えることがあります。筋肉は脂肪より重たいので、もともと脂肪だった部分が全部筋肉に置き換わって痩せたとしても体重は増えてしまうのです。しかし、心配はいりません。筋肉がつけばすらっとした見た目になります。もし体重が増えて気になるという人は体脂肪率や筋肉量を測定してみてください。体脂肪率が落ちて筋肉量が増えているだけかもしれません。

筋トレのせいでむくんでしまったため

筋トレを行うことでむくんでしまい、体重が増えることがあります。筋トレで筋肉が炎症を起こし回復する際に体が水を貯蔵する動きをするので、むくんで体重が増えてしまうのです。しかし、心配の必要はなく、筋トレをおこなった後数日間に影響するだけで慢性的にむくむわけではありません。

ウェイトトレーニングばかりしているから

痩せようと思ってウェイトトレーニングばかりしていると、脂肪が落ちづらく筋肉と脂肪がつく太い体になりやすいです。これは有酸素運動を取り入れることによって改善されます。ウェイトトレーニングと有酸素運動の両方を行うと効率よく脂肪を落とすことができます。ウェイトトレーニングの次に有酸素運動という順番で行いましょう。そうすることによって、ウェイトトレーニングで脂肪が燃えやすくなった状態の体で有酸素運動を行い脂肪を燃やしやすくすることができます。

プロテインを飲みすぎている

筋トレをしているからといってプロテインを飲みすぎてしまうとカロリーを摂りすぎて体重が増えてしまいます。プロテインにはタンパク質が多く含まれていてカロリーもそこそこあるのです。タンパク質を摂るためにプロテインをたくさん飲みたくなってしまいますが、我慢しましょう。筋トレ中は自分が摂る栄養を計算しておくと良いですよ。栄養過多になり、ダイエットや筋トレに空く栄養が出るのを防いでくれます。

まとめ

筋トレで体重が増えることはある

筋トレをすることによって体重が増えてしまうことがあります。体重をはかって気になった場合は体脂肪率と筋肉量をはかりましょう。 体脂肪率が落ちて筋肉量が増えていれば問題なくスマートな体に近づいているので安心してください。

もし、どうしても体重が増えるのが気になるようなら、有酸素運動を取り入れてみましょう。
筋トレをした後で、トレッドミルで歩いたりエアロバイクをこいだりすると通常よりも脂肪の燃焼効率が高まります。
筋トレと有酸素運動をバランスよく行って体重が増えるのを防ぎましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました