自宅でトレーニングするならダンベルがおすすめ|男女別で選ぶ際のポイントを解説

トレーニング
スポンサーリンク

ジムに行く時間がなくて自宅でトレーニングをしている自宅トレーニーの方も多いと思います。

ほとんどの自宅トレーニーは自重トレーニング(自分の体重を負荷としたトレーニングのこと)を行っていると思いますが、筋トレグッズがあると更に効果はアップします。

数ある筋トレグッズの中で最初に購入したいのが「ダンベル」です。

ダンベルがあるだけで筋トレのクオリティがグッとアップするのです。

同じ時間をかけるなら効率的に筋トレをした方が時間の節約にもなります。

今回の記事を読んで自分に合ったダンベルの購入を是非検討してみてください。

スポンサーリンク

自宅トレーニングにダンベルがおすすめの理由3つ

ダンベルが自宅トレーニングに向いている理由はいくつかあります。

今回は代表的な理由3つをご紹介します。

1セットあれば様々なトレーニングに使うことができる

ダンベルは様々な筋トレ種目で使うことができます。腕を鍛える種目、胸や肩を鍛える種目、脚を鍛える種目にも使うことが可能です。

何を鍛える筋トレグッズか決まっていないので、どんな部位を鍛えるグッズにも早変わりするのです。

何を鍛える筋トレグッズか決まっていないので、どんな部位を鍛えるグッズにも早変わりするのです。

コストパフォーマンスが最高に良い

ダンベルは料金がとても安いです。

物によりますが、1つで500円以下の商品もあります。

こんなに安いのに先に説明したように全身のあらゆる部分を鍛えることができる筋トレグッズになるのです。

バーベルでも全身は鍛えることができますが、料金の面ではダンベルの圧勝です。

コンパクトなので場所を取らない

ダンベルは一つの大きさが商品にもよりますが、ペットボトルと同じくらいの大きさくらいです。

少々大きいものでも邪魔になったら押入れの中やベッドの下に置いて見えなくすることだってできます。

女性の場合はインテリアを考えて普段はトレーニンググッズは誰にも見せたくないという方も多いでしょう。

それならダンベルがもっとも良い筋トレグッズと言ってもいいのではないでしょうか。

ダンベルを選ぶ際のポイント

ダンベルと一言で言っても様々な種類があります。

ダンベルを購入する際のポイントをご紹介しますので、是非参考にしてください。

女性の場合

女性は男性と比べると筋力が弱いのでそれほど重いダンベルを購入する必要はありません。

重量も変えることができる商品ではなく、1kg~5㎏のダンベルセットを購入すると良いでしょう。

場所を取るのが嫌というのであれば1kg~3㎏でも構いません。

最初は1㎏を1セットだけでもいいでしょう。

セットではなく1個だけでも良いですが、行う種目が限定されてしまうので同じ重さのものを2個を1セットで購入することをおすすめします。

男性(初心者)の場合

男性は必要以上に重いダンベルを買いがちです。

部屋の中に5㎏のダンベルがあるのと30kgのダンベルがあるのでは、後者の方がカッコイイと思ってしまうので必要以上に重いダンベルを選んでしまうのでしょう。

しかし初心者のうちはあまり重いダンベルを使うのはおすすめできません。

フォームが固まっていないうちに重いダンベルを使うと怪我の恐れもありますし、めちゃくちゃなフォームで行うことでトレーニングの効果が薄れてしまうからです。

ダンベルはあくまでも筋肉を鍛えるためのツールです。

重いダンベルを無理に持ってめちゃくちゃにやっても筋肉は鍛えることができませんので初心者の方は重くても15㎏で十分でしょう。

15㎏の可変式(重さを変えることができる)ダンベルを2個買うようにしましょう。可変式なら上級者になった時のことを考えて15㎏以上を購入しても良いのでは?という声も聞こえてきそうですが、あまり重い重量のダンベルだと高額になります。

そういう意味でも最初は15㎏でMAXのもので十分なのです。

男性(中級者以上)の場合

中級者以上の男性はかなり重い重量を扱えるようになっているはずなので、MAX30㎏以上の可変式のダンベルを購入することをおすすめします。

1個30㎏~40㎏あればかなりのレベルまで対応できるので十分でしょう。

上級者になってもフォームを綺麗に行えば40㎏でほとんどの部位をきちんと鍛えることは可能です。

これ以上の重さが必要ならバーベルを購入してトレーニングした方が良いです。

トレーニンググッズ一式を揃えることを考えても良いかもしれません。

おすすめのダンベルトレーニング

次にダンベルを使ったおすすめのトレーニング種目を挙げておきましょう。

ダンベルを使って行うことができるトレーニングは無数にありますが、まずはこちらの種目を試してみてください。

中級者以上はご自身で考えていただいた方が良いと思いますので、今回は女性と男性の初心者に向けて紹介します。

女性におすすめのトレーニング

女性におすめなのは「キックバック」です。

キックバックは上腕三頭筋を鍛える筋トレ種目になります。

女性には二の腕のたるみが気になっている人が多いので、こちらの種目で二の腕を引き締めましょう。

やり方としては立った姿勢から椅子に片手を置きます。

椅子に置いていない手にダンベルを持ち、腕を地面と平行になるくらいまで持ち上げます。(肘は90度に曲げたまま)

肘を動かさないようにしてダンベルを持った手を肘が伸びきるまで持ち上げます。

伸びきったら少し1秒程度停止して、ゆっくりと元に戻します。

戻したら再度繰り返します。

これを10回1セットとして3セット行いましょう。

きちんとやれば1kgのダンベルでも効果がありますので、是非試してみてください。

男性(初心者)の場合

男性の初心者におすすめの筋トレ種目は「ダンベルカール」です。

立った状態で両手に1つずつダンベルを持ちます。

肘の位置はなるべく動かさずに肘を曲げてダンベルを肩の位置まで持ち上げます。

曲げきったら元にゆっくりと戻します。

ダンベルカールを行うことで上腕二頭筋を鍛えることができます。

上腕二頭筋はいわゆる「力こぶ」のことです。

たくましい力こぶは男性の象徴です。是非やってみてください。

まとめ

ダンベルは安価な割には全身を鍛えることができる筋トレグッズですので、とてもコストパフォーマンスに優れています。

自宅でトレーニングをするのであれば、まずはダンベルを購入することをおすすめします。

ダンベルだけで物足りなくなったら、ベンチ台を購入して、それでも物足りなければバーベルを購入すれば良いでしょう。

徐々に増やしていけば無駄な出費も抑えることができます。

基本的にはダンベルのみでも十分カッコいい体になることはできます。

一歩の道もダンベルからです。

是非ダンベルを購入して使いこなしてください。

木村まさみち

WEBディレクターとしてフリーランスで働くかたわらパーソナルトレーナーとしても活動を開始。
現在は名古屋のパーソナルトレーニングジムを経営しています。
得意分野は筋トレ、ボディメイクです。

木村まさみちをフォローする
トレーニング
スポンサーリンク
KARATS カラッツ
タイトルとURLをコピーしました