筋肉がつきやすい食事法を解説!筋トレより食事が重要

トレーニング
スポンサーリンク

この記事では、筋肉がつきやすい食事法についてまとめています。筋トレをいくら頑張っても、しっかりと栄養が取れていなければ筋肉はつきません。筋肉がつきやすい食事の方法について掲載しているので参考にして、筋トレの効果を最大限に発揮することで効率よく筋肉をつけましょう。

スポンサーリンク

筋肉がつきやすい食事法

タンパク質炭水化物脂質をバランスよく

筋肉をつけるにはタンパク質、炭水化物、脂質をバランスよく摂取することが必要不可欠です。自分の体重や目標にあった食事を考えて、栄養を取る必要があります。筋肉をつけるのはトレーニングより食事の管理が大事なので、しっかりと食事を管理して筋肉を効率よくつけましょう。

朝食を必ず食べる

筋肉をつけたい場合、朝食を抜くのはよくありません。寝ている間にカロリーやタンパク質を消費してしまうので、その栄養を補給してしまう必要があります。体内に栄養がない状態で運動をしてしまうと、筋肉の減少に繋がります。炭水化物とタンパク質と脂質をバランスよく摂ることができる朝食を毎日食べて、筋肉に悪影響が出ないようにしましょう。

筋トレ前後に栄養を摂る

筋トレ前

筋トレ前に栄養を摂るのは、筋肉を効率よくつける上で非常に重要です。体の中に栄養がない状態で運動をしてしまうと、筋肉から減っていってしまうので、必ず、筋トレ前には栄養を摂りましょう。可能であれば、筋トレを行う2時間前には栄養を摂ると良いので、筋トレを行う前の食事やプロテインで効率よく栄養を補給しましょう。

筋トレ後

筋トレ後は特に炭水化物とタンパク質を必要とするので、1時間以内に栄養を取る必要があります。特に、運動前に栄養を取れなかった場合は、栄養をすぐに補給しないと筋肉が落ちてしまいます。運動前に十分に栄養を摂っていた場合は、運動後に摂る必要はありません。

水分をたくさん摂る

筋肉をつけるのには水分補給が非常に大事です。水分が足りていないと身体活動の機能が根本的に低下してしまうので、筋肉の回復や脂肪の燃焼に支障が出てしまいます。特に、筋トレの後に水分を摂るのが大事です。また、水を飲むことによって代謝が上がったり、老廃物を排出できたりと体内のいらないものを減少させることができます。水分補給を怠らずに筋肉をつけやすくしましょう。

筋肉をつけるためには食事が大事

筋肉をつけるのには筋トレよりも食事

よく誤解されているのですが、筋肉をつけるのには筋トレよりも食事を管理する方が大切です。いくら筋トレをしても栄養を摂っていなければ、筋肉はつきにくいです。逆に、しっかりと管理され、栄養バランスの良い食事をしていれば軽い筋トレでも筋肉はついていきます。筋トレを行う際は栄養をきちんと補給しましょう。

炭水化物を取らずに筋トレをすると筋肉が減る

炭水化物を摂らずに筋トレをしてしまうと、筋トレをするためのエネルギーがなく、体についている筋肉がエネルギーに変わっていってしまいます。その結果、筋トレをしているのに、筋肉が減っていってしまうという状態に落ちいるのです。必ず、筋トレ前には炭水化物とカロリーを補給しましょう。

まとめ

バランスよく栄養を摂るのが大事

筋トレの効果を最大限発揮するには炭水化物タンパク質脂質をバランスよく摂る必要があります。カロリー計算をしっかりとして、食事を管理して栄養を摂りましょう。また、筋トレ前後には必ず栄養を摂るようにして筋肉の回復を早めましょう。逆に栄養が足りていない状態でトレーニングを行ってしまうと、筋肉がどんどん減っていってしまいます。1日に3食以上きちんと食べて栄養をこまめに補給して、効果が出るように注意してトレーニングを行いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました