小顔を手に入れ表情を大きく作り出すためのエクササイズ。表情筋を鍛えよう。

トレーニング
スポンサーリンク

女性の気になる部分の一つに顔の大きさがあります。誰もが小顔に憧れるもの。顔には約30種類もの筋肉があり、これを鍛えることで誰でも小顔を手に入れることができます。また、顔の筋肉は、骨や筋膜から起こり顔の皮膚に付着しています。そのため、筋肉の働きを活性化させることにより、顔のシミやたるみの改善ができます。さらに、健康な肌まで手に入れることが期待できるのです。また、顔の筋肉は別名、表情筋と呼ばれています。様々な表情を作り出す筋肉です。しっかりと表情筋を使うことで、周りへの印象まで変えることができるかもしれません。今回は、小顔を手に入れるための表情を大きく作り出すエクササイズを紹介します。

スポンサーリンク

顔の筋肉にはどのようなものがあるのか

顔の筋肉は表情筋と呼ばれ、約30種類の筋肉で構成されています。笑ったり悲しんだり、様々な表情を表す際に働いている筋肉です。顔のシワやたるみが気になる方はもしかしたら、普段から表情も乏しくなっているのかもしれません。今回紹介していくエクササイズに関係する筋肉をまずは理解していきましょう。

眼輪筋(目の周りの筋肉)

眼輪筋が働くと目を閉じる動きになります。目を閉じる時に収縮し、弛緩した時には目を開けています。この筋肉の働きを活性化させることにより、目の周りやおでこのシワを少なくしたり、目の下のクマを防ぐことが期待できます。

頬骨筋(ほっぺたの筋肉)

ほっぺたから口角にかけて伸びている筋肉です。笑った時に口角を上側と外側に広げる働きをします。この筋肉の働きを活性化させることによって、ほうれい線を薄くしたり、リフトアップしたりすることが期待できます。

咀嚼筋(噛む筋肉)

頭の外側にある側頭筋とあごの部分にある咬筋などからなる筋肉です。咀嚼筋は文字通り、かむ時に働く筋肉です。これらの筋肉は、顔の外側に位置していることから、筋肉の働きを活性化させることによって、肌のハリを取り戻すことが期待できます。

口輪筋(口の周りの筋肉)

口を閉じたり、唇をすぼめたりする時に働く筋肉です。言葉を発する時や噛む時にも重要な役割をしています。口輪筋の働きを活性化することによって、綺麗な発音ができるようになったり、噛む力を補強したり、あごやほっぺたのたるみの改善が期待できます。

表情筋エクササイズのやり方

各エクササイズに共通した方法として、力を入れる時は5~7秒間程度持続させます。エクササイズを行う筋肉以外には力が入らないように意識してください。15~20回を目安に行うと効果的です。

眼輪筋

①目を力強く閉じる。

②目を大きく広げる。同時に様々な方向を見て眼球を動かしても良い。

③2つの動作を繰り返し行う。

頬骨筋

①口角を上側と外側方向に力強く広げる。

②ゆっくりと力を抜く。

③口の中に空気を入れ、ほっぺたをふくらませる。

④ゆっくりと力を抜く。

③4つの動作を繰り返し行う。

咀嚼筋

①割り箸や歯ブラシの柄などを唇ではさむ。

②割り箸などを力強くはさむ。

③割り箸などが落ちない程度にゆっくりと力を抜く。

④3つの動作を繰り返し行う。

噛む動作を行うことで筋肉を働かせることはできますが、口の中に何もない状態での動作歯を傷つけたりする可能性があるためおすすめしません。ガムを噛む、食事の際に噛む回数を多くするなどの方法もおすすめです。

口輪筋

①唇を力強くすぼめる。

②ゆっくりと力を抜く。

③2つの動作を繰り返し行う。

全ての筋肉

表情筋の全てを総合的に働かせるエクササイズもあります。それぞれの筋肉に対するエクササイズをした後に行うと、それぞれの筋肉の働きが活性化されているために効果的です。

①顔のパーツ全てを中心に近づけるように顔をくしゃくしゃにする。

②顔のパーツ全てを外側に広げるようにする。

③顔全体の筋肉の力をゆっくりと抜く。

④3つの動作を繰り返し行う。

エクササイズ以外の方法

それぞれの筋肉をマッサージすることもおすすめです。表情筋は骨や骨膜から起こって、顔面の皮膚に付着している筋肉です。そのため、血流が悪くなると顔のハリがなくなりシワやたるみにつながってしまいます。マッサージすることにより、血流の促進が期待できるだけでなく、筋肉の柔軟性を獲得できて働きも活性化されます。例えば、洗顔をいつもより長めにマッサージをしながら行うこと、洗顔後のケアで化粧水や乳液をつける際にマッサージをしながら行うことなどすると効果的です。その際には、筋肉を下から上に引き上げるように行うとシワやたるみの改善につながります。マッサージだけでなく、エクササイズも取り入れることによって、新陳代謝が高まるので肌のターンオーバーを活性化させて健康な肌まで手に入れることができます。表情筋のエクササイズを行った後で、筋肉のケアとしてマッサージを行えば小顔対策としては万全です。

まとめ

今回、顔の筋肉を活性化し小顔を手に入れるためのエクササイズをいくつか紹介しました。表情筋の働きを活性化させることによって、顔の立体感が生まれます。表情筋は名前の通り、表情を表す時に働く筋肉ですから、普段から表情豊かに生活することがまずは大切です。表情豊かな人は、周りに与える印象も明るくさせ、アンチエイジングにもつながります。ぜひ、紹介したエクササイズ、マッサージを実践して普段から表情豊かで素敵な女性を目指してはいかがでしょうか。

tuna

12年間、理学療法士として整形外科に勤務。
現在はフリーランスのWebライターとして活動。
趣味はマスターズ陸上、筋トレ。

tunaをフォローする
トレーニング
スポンサーリンク
KARATS カラッツ

コメント

タイトルとURLをコピーしました