ストレッチのダイエット効果4つ!行うのに効果的なタイミングも紹介

ストレッチのダイエット効果4つ!行うのに効果的なタイミングも紹介 トレーニング
スポンサーリンク

「ダイエットにはストレッチが効果的」と言われていますが、ここではストレッチがもたらす4つのダイエット効果をご紹介します。

ストレッチを実施するのに効果的なタイミングも合わせてお伝えします。

痩せたいけど運動は嫌という人は、ゆったりストレッチしてダイエットしましょう!

スポンサーリンク

ストレッチにはどんなダイエット効果があるの?

ストレッチにはどんなダイエット効果があるの?

ストレッチがもたらすダイエット効果を4つご紹介します。

ストレッチはスリムな体作りに大きな効果を発揮するので、痩せやすい体質を作ることができます。

ストレッチによるダイエットの効果① 基礎代謝アップ

基礎代謝は痩せやすい体作りに欠かせません。

基礎代謝が高いと体をたくさん動かさなくてもエネルギーを多く消費することができるので、ダイエットにおいて大切です。

体が硬いと基礎代謝を低下させてしまいます。

筋肉が硬いと血行が悪くなるので酸素や栄養が筋肉に十分に行き渡らずに滞ってしまい、老廃物が蓄積して基礎代謝が低下してしまいます。

日頃からストレッチをして体をほぐしておけば、血行を促進させることができ、筋肉へ酸素と栄養がスムーズに供給されるようになります。

これによって基礎代謝が向上して、痩せやすい体作りをすることができます。

ストレッチによるダイエットの効果② 睡眠の質を高めて成長ホルモンの分泌を活性化

成長ホルモンは脂肪を分解してくれるホルモンです。

この成長ホルモンは睡眠中の夜10時から2時頃に最も多く分泌されます。

寝る前にストレッチをして体をほぐすと、自律神経の一つである副交感神経に働きかけることで睡眠の質を向上させられます。

睡眠の質が向上することで成長ホルモンの分泌が活発化して、より脂肪が付きにくい体を作ることができます。

ストレッチによるダイエットの効果③ 食欲を減らす

たくさん食べすぎてしまう過食症の原因の一つはストレスによるものです。

ストレスは、ストレッチをして副交感神経の働きを正常にすることによって減らすことができます。

これにより食べすぎを防いで食事量を減らすことができます。

ストレッチによるダイエットの効果④ 凝り・むくみ・冷え性を改善し脂肪燃焼率アップ

体の凝り・むくみ・冷え性の原因は血行が悪いことです。

脂肪が付きやすい体の原因の一つはこの血行不良と言われます。

ストレッチをすることで、筋肉をほぐして血流を良くすることができます。

血行が改善することによって、脂肪を燃焼しやすい体質になることができます。

ストレッチをするのに効果的なタイミング

ストレッチをするのに効果的なタイミング

ストレッチにも効果的なタイミングがあります。

ストレッチすると効果的だとされるのが朝起きた時と夜寝る前です。

ストレッチを朝起きた時にすると効果的な理由

朝にストレッチをして血流を促進させることで、代謝を上げて一日の脂肪燃焼効果をアップさせることができます。

通勤通学や仕事、買い物など日常生活での運動をより効果的にしてくれます。

ストレッチを夜寝る前にすると効果的な理由

先ほどの説明の通り、寝る前にストレッチをして体をほぐすと睡眠の質を向上させて、睡眠中に分泌される成長ホルモンの働きを促進し脂肪燃焼効果がアップします。

またストレッチは体が温まっている時にすると効果的で、寝る前はお風呂に入った後で体が温まっている場合が多いことも理由の一つです。

まとめ

ストレッチがもたらす4つのダイエット効果と、ストレッチを実施するのに効果的なタイミングについてご紹介しました。
ストレッチはダイエットにたくさんの効果をもたらすのでおすすめです。

日頃からストレッチをして体をほぐして、効果的にダイエットしていきましょう。

海野 波

自由なライフスタイルを求めてフリーライターになりました。
食べることと運動が好きです。
体に良い食生活を心がけながら、ダンスやキックボクシングで運動しています。

海野 波をフォローする
トレーニング
スポンサーリンク
KARATS カラッツ
タイトルとURLをコピーしました