二の腕を細くしたい!おすすめの筋トレやポイントを紹介

トレーニング
スポンサーリンク

気づいたらいつのまにか二の腕がタプタプに…。
鏡の前で「私の身体、こんなにガッシリしてたかな」なんて思ったことはありませんか?

体形が崩れてしまうのってショックですよね。
今回はそんな振袖状態になってしまっている二の腕のお肉に対して効果的な筋トレなどを以下の項目に沿って解説していきます。

  • 二の腕が太くなる原因とは?
  • 二の腕に効果的な筋トレ
  • 筋トレをする際のポイントは?

簡単にできる筋トレもありますので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

二の腕が太くなる原因

二の腕がタプタプしてしまう原因は、二の腕の裏側にある上腕三頭筋が使われず脂肪がついてしまうためです。

上腕三頭筋は主に物を投げる・頭上に押し上げる動作の時に使う筋肉。
姿勢が悪い場合はなおさら上腕三頭筋が使われることがありません。

特に血行が悪い方は老廃物が溜まってしまうため、脂肪がつきやすくなり二の腕が太くなってしまいます。

二の腕に効くおすすめの筋トレを紹介

二の腕がタプタプしてしまう原因について知った後は、二の腕の筋肉を意識しながら筋トレを始めましょう。

ノーマルプッシュアップ

  1. 手を床につき、腕を肩幅より拳2つ分ほど広めに開く。
  2. 足を伸ばしてつま先と腕で身体を支え、顔は前に向けて1m先に視線を置く。
    (この時に首から足までまっすぐ伸ばし、指は前に向けて肘を外に広げない。)
  3. 肘を曲げながらゆっくりと身体を落とし、床ギリギリまで身体を落としたら素早く①の状態に戻る。

これを30秒ほど休憩を挟みながら、15回を3セット行う。
下す時はゆっくり、体勢を戻す時は素早くを心がけましょう。

ダンベルフレンチプレス

  1. ダンベル1つを両手で持ち、背筋を伸ばして立つ。(ダンベルが無い場合は500mlのペットボトルでもOK!)
  2. 肘を曲げてダンベルを頭の後ろまで持ってくる。(この時にダンベルを持った手のひらは上に向けるようにする。)
  3. 肘を伸ばしてダンベルを頭上まで持ち上げて①の状態に戻す。

これを途中休憩を挟みながら15回を3セット行う。
行う時に肘の位置は変えないようにして筋トレを行います。
ダンベルの重さは0.5~3kg程の軽めの物を使用してください。

ダンベルフレンチプレスに慣れてきたら、片手で行う方法もありますよ。
バンザイをして片方の肘を曲げ伸ばしするだけです。
トレーニングをしていない側の手で肘が顔よりも前に突き出さないように抑えておくとやりやすいです。
ペットボトルを使えば、自宅でも簡単にできますよ。

二の腕ねじり

  1. 立った状態で上半身を少し前に傾けて、膝を軽く曲げて腕を後ろに伸ばす。
  2. 腕を外側に限界までねじる。
  3. 腕を内側に限界までねじる。

これを30回1セット行う。
肩甲骨を動かすことを意識しながら筋トレを行う。
もっと負荷が欲しい場合は ①の状態の時に、さらに身体を前に傾けると良いです。

二の腕の筋トレをする際のポイント

筋トレのポイントを覚えておくことは理想の二の腕に近づく一歩になります。
ポイントを覚えて、より筋トレの効果を実感しましょう。

筋肉痛の時は二の腕の筋トレは休む

筋肉痛を感じる時は、筋肉が「超回復」をしている時。
「超回復」とはトレーニングで傷ついた筋肉が修復していることです。
筋肉痛を感じた時は二の腕の筋トレは休むようにしてください。

筋トレをやり過ぎない

二の腕を細くしたい場合は、あまりたくさん筋トレをしてしまうと細くするどころか筋肉で太くなってしまうことも。
そのため15~30回×3セットを目安に筋トレを行うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?
二の腕の振袖肉って気になりだすとずっと気になるんですよね。

なかなか動かす機会がない部位だからこそ、たまに動かすとお肉がタプタプ揺れてしまって落ち込んでしまうこともあります。

今まで二の腕を気にしたことが無い方でも、筋トレをして引き締まるとシルエットがキレイになるのでぜひ時間があるときに試してみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました