フィットネスクラブに入会したらまず何をする?おすすめの利用方法

トレーニング
スポンサーリンク

夏真っ盛りのこの時期、露出が増えると気になるのはダイエットですね!

通うだけで痩せる(気がする)フィットネスクラブ。でも、せっかく一念発起してフィットネスクラブに入会しても、全く通わないで辞めてしまう人が実はたくさんいます。

そんな事態を防ぐためにも、しっかりと事前情報とシュミレーションをしておくことをおすすめします!どんなことも、まずは続けることが大切です。この記事では、フィットネスクラブに入会したら気をつけたいポイントについてご紹介していきます。ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

続けることが結果への第一歩!

入会後も継続して通うために、押さえておきたい大切なポイントをチェックしていきましょう。

「継続は力なり」と言われるように、どんなことでも続けるには努力が必要です。ましてや、これまでの生活から時間や気力を割いて通うフィットネスクラブ。入会しても全く通わなかったり、徐々に足が遠のいてしまうなど、幽霊会員と呼ばれる人はたくさん。

頑張らないことが大切

気合い十分で入会して、週に3回通う!と目標を立てるのも悪くないのですが、まず一番に大切なのは頑張らないことです。無理な計画は続けるのが辛くなってしまいますし、計画通りにできなかったことで自己嫌悪に陥ってしまうことも。

まずは頑張らずに、週に1回通うなどの目標を設定してみてください!

スタジオレッスンに参加してみる

ジムには様々なトレーニング機器があり、自由に使うことができます。でも、ほとんどの人は、ただ何となく機械を動かしているだけでは飽きてしまいます。特に性格上飽きっぽい人にはスタジオレッスンがおすすめです。

最近では様々なレッスンが展開されているので、目的やレベルに合わせたチョイスが可能。参加してしまえば、あとはインストラクターの言うとおりに動くだけ。周りの参加者の目もあるので、なぜか頑張れてしまう。そんなメリットがあるのがスタジオレッスンです。レベルやキツさの差が分かりにくい場合は、フィットネスクラブのスタッフにどんどん質問してみましょう。

お気に入りのレッスンを見つけたり、理想の体のインストラクターのクラスに参加するというのもひとつの方法です。「ダイエットしたい」「何キロ痩せたい」などの目的はひとまず置いておいて、まずは定期的に体を動かす習慣を身につけましょう。

通うことが楽しくなってきたら、もうこっちのものです。あとは少しずつレベルを上げてみたり、ジムに少しだけ早く着いたら、筋トレを行うなどで無理せずレベルアップしていきましょう。

結果を出したいなら有料プログラムもおすすめ

目的や目標がしっかりとあり、絶対に痩せたい!と思っている人におすすめなのが有料プログラムです。フィットネスクラブ独自のダイエットプログラムや、パーソナルトレーナーなど申し込む方法。一番のメリットは、トレーナーがマンツーマンで指導してくれることです。

正しいフォームでトレーニングができるので効率よく理想の体を目指せるだけではなく、毎回予約をしてトレーニングに通うので、サボりにくいのもメリット。食事指導なども受けられる場合もあるので、効果を出したいなら月会費にプラスでお金を払ってでも頼むというのもひとつの方法です。高いと感じるかもしれませんが、通わずに月会費を払うことを考えるとトータルではお得かもしれません。

一緒に通う人を見つける

友達や同僚など、一緒に通う人を作るというのもひとつの方法です。仕事帰りに飲みに行くのではなく、一緒にジムに通えばより健康的!お互いに刺激になるので通うことがより楽しくなるでしょう。

また、ペア割引や友達紹介キャンペーンなどを上手に利用すれば、お互いにお得に通える場合もあります。気の合う仲間や友人を誘ってみてはいかがでしょうか。

お風呂を使うために通う

フィットネスクラブの中には、スーパー銭湯顔負けの充実したスパ施設を持っている場所もあります。家でお風呂に入る水道光熱費を考えたら、月会費を払う方がお得な場合もあります。運動目的ではなくお風呂目的で入会して、ついでに少しだけ運動をする!というスタンスで通うのもおすすめの方法です。

まとめ

以上、フィットネスクラブに入会したらやりたいことをご紹介してみました。しつこいですが、まずは無理せずに継続することが大切です。周りの力を借りてぜひ理想の体型を手に入れましょう!

フィットネスクラブに入会すると最初は頑張って通うけれど、だんだんと足が遠のいてしまいがちですよね。
この記事で紹介した以外にも、フィットネスクラブに通うことを目的にしないことも続ける秘訣です。
痩せてカワイイ洋服を着たいとか、新しい水着を着たいとか。
何か目的があってフィットネスクラブに通うと続きやすいですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました